スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「賢さ」からの解放☆1
2008.11.06 10:05 Thursday
「賢さ」からの解放(気づき編)

私は最近歯医者通いで
「人から馬鹿にされたくない」
という観念がうずうずする機会が多いのだが。。

だったら逆に僕はどう思われたいんだろう?
って考えてみたら。。

なんと!「賢く見られたい!」という
欲求があることに気づいた!(笑)


え~~??賢い~~?(笑)
賢く見られることに何かメリットでもあんの?

しかも、自分、そんなキャラじゃないやん!(笑)


そんなことを感じていたら
学校や社会の中の価値観で

成績がいい人が褒められていた
中学、高校時代。。

そのときの憧れの心で
「賢く見られたい!」と感じていたことを思い出した。


そして、そのもっと底をのぞくと。。

「両親に褒めてもらいたい!!」
「両親の自慢できる娘でありたい!!」

という欲求があることに気づいたではないか!(驚)


私は「両親に褒めてもらいたい」から
「両親にとってよい子、自慢できる娘」を目指した。

それがその当時は
「頭の賢い子ども」というラベルが
最適だったようだ。。


何のことはない

結局「自分が馬鹿だと思われたくない」という気持ちは
純粋に自分も思っていた部分もあると思うが

「両親の自慢にならない馬鹿にされるような娘でありたくない!」
 ↓
「両親の自慢にならないような馬鹿な娘であってはならない!!」

とだんだんに強い強迫観念へと移行していったと考えられる。


だからあんなに「馬鹿にされること」が嫌だったんだ。。

無意識に持っていた両親の期待を
「馬鹿にされること」で裏切っていたように感じたんだな。。

「両親の期待を裏切ってはいけない!!」

この観念が僕の対人観念の底にはあったんだ。。

スポンサーサイト
【2008/11/06 11:58】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「賢さ」からの解放☆2 | ホーム | 今を生きる☆3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tokotokoosanpo.blog53.fc2.com/tb.php/60-ad4979cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。