スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「すべては、自分から」を読んで
最近サポートデスクで
安達さんが紹介されていた

「すべては、自分から」
http://e-jinsei.grouptube.jp/group/1/topic/277

というIさんの体験談の記事を読んで

「他人は合わせ鏡」の感覚が
ありがたくもまた一つ腑に落ちたので
ここに記しておきたい。

(ってコメント蘭に長々と
 感想書いちゃいましたが。。(^▽^;)
 
 akebさん^^kikiさん^^
 私の拙い感想が少しでもお役に立ててたら。。
 とっても嬉しいです。。(/ω\))

***********

他人は合わせ鏡。。
実は私もどうも腑に落ちない点があった。

例えば私の場合だと以下のように
「他人は合わせ鏡」を使って
観念を書き出す。


<父>

・ラベル「父は人をすぐ怒鳴る」

・感情に変換「人をすぐ怒鳴る父は許せない!」

・善悪の観念「人を怒鳴ることは悪いことだ」
        「人に優しく話すことは良いことだ」

<自分>

・ラベル「私は人をすぐ怒鳴る」

・感情に変換「人をすぐ怒鳴る私は許せない!」


こんな感じで、浄化していたのだが

「私は人をすぐ怒鳴る」ということを
現実にはしていないのに
浄化することにやや疑問を感じていた。

「これは、私ではない」と。。(^▽^;)

だから、思い当たる節もあるが
その人に見える全てが
鏡ではないんじゃないかって。。(爆)

でも今回このIさんの体験談を読んで
その疑問がすっきりした!(笑)


私は今まで「他人は合わせ鏡」って

「現実に私が行動していることを
 相手もしている」という意味だけの
合わせ鏡だと思っていたのだ。。( ̄ー ̄;

でもそもそも他人は合わせ鏡とは

「人をすぐ怒鳴る私は許せない!」
という「観念」を私が持っているということを
見つけ出すツールだったんだ~!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

「人を怒鳴ってはいけない!」
「人を怒鳴る自分が許せない!」

と自分を責めている観念を持っている以上

私だって「人を怒鳴る人」であったとも
いえるわけだなと。。

(分かりにくい文章で
 大変失礼いたしております。。(^▽^;))


「他人は合わせ鏡」とは。。

「心の中で自分が密かにもってる観念」を
あぶりだしてくれる

実にそのまんまのありがたい
「観念という思考探しの道具」だったのか。

「あなたが許していない
 否定している自分がいますよ!」

それに気付いて欲しいから
相手を鏡として自分に見せてくれている。

「人をすぐ怒鳴る自分が許せない!」と
自分を責めている自分を発見すれば。。

「私は父を責めているのではなく、
 私は自分を責めていたのだ」と

Iさんのような気付きにハッと
思い至ることができるようになった。

まさか。。これが
「すべては、自分が創っていた」
ということだったとは。。知らなかった~!(爆)


すべては相手を善悪で判断する
自分が持っていた観念から

「父はすぐ人を怒鳴る」という
そのまんまの
現実が創られていたとは!!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

私がこの善悪の観念を手放してしまえば。。
父はもはや何も引っかかることのない
「ただの父」。。と映るもんな。。( ̄ー ̄;


教材を読み返して見えれば
同じこと書いてありんした。。(^▽^;)

>「他人」は、あなたの潜在意識に潜んでいる「思い込み」を
  見せてくれるとってもありがたい存在なのです。
  (教材 4.宇宙を創る P14より)


こうやって浄化を続けていれば
その人、その人のタイミングで

他人は合わせ鏡の法則なども
少しずつ腑に落としていけると思って

これからもトコトコ浄化の道を
歩いていくぞ~(・∀・)


それではこの記事の
安達さんのレスを最後に。。(笑)

  「やればわかる やれば変わる 観念浄化」

  ぜひ一度、この基本に戻ってみてください。
 
  理屈は、教材やコラムなどで、すでに何度もお伝えしていますが

  結局、自分の中にある答えと出会わないと、

  心の曇りは取れません。


  すべては、自分から・・・

スポンサーサイト
【2009/01/26 21:10】 |  テイクオフコース日記 | コメント(0) | page top↑
僕の垣間見た雲の上の風景

僕は今までずっと混沌の中で生きていました。
とにかく 自分の中は 混沌としていました。


浄化ワークをするようになって
「あぁ、、これは自我なのかな」と
少しずつ意識するようになりました。

でも世界は混沌としていて 変わったようには感じません。


そんな日を幾日も続けていたある日、、
今までの混沌とした自分の中に

「本当の自分」も居たことを
フッと感じることができるようになりました。


その自分は 「素直な自分」であるとき。。
「大笑いしている自分」であるとき、、
「ふざけてバカになってる自分」であるときなどです。。

自分では意識したこともなくて
全然分からなかったのですが

「思考が止まっている」と教えてもらっていたので
「そういえば、、」ってふと思い返してみると

「本当の自分」である瞬間もあったんだなぁ。。
って気づいて、とても嬉しい気持ちになったんです。


混沌としていた世界に
少し線らしきものが生まれた瞬間です。

そうやって目をこらしていたら
少しずつ風景らしきものが見えてきました。


それは やっぱり
空に向かって自分が上昇して
雲を突き抜けて、
雲の上のお日さまが見えたような感覚です。

雲の上で のんびりお昼ねしているような感覚。

お空にはお日さまが優しく照らしていて
とてもなごやかで何故か満ち足りた世界です。。


いままで僕は僕の時間を生きている全部が自我で
本当の自分が一つも居なくて

なんだかとっても情けないような寂しいような
心が満たされないような気持ちでいましたが

「ああ!一瞬でも本当の自分もいたんじゃん^^」
と思えたら 何故かとても安心できたのです。



僕の場合、素直な自分であるとき、、

無意識にしているので意識したことはないのだけど
確かに思考はしていないな、、と思った。

僕の場合はそんな時、「感覚」でお話してるなって。。
魂から直接声を出してる感じ。。
そうするとかってに「素直」な声になってる。。

それをあとから思考して読むと
「これって、、ちょっとどうなん?」
「ちょっと、、子どもすぎない?」
「それって、大げさじゃないの?」
なんて声もなきにしもあらずなんだけれど(笑)

「いいの^^いいの^^それでいいの^^」
って声の方が大きいので
自我ちゃんもそこでは感じない。。


僕は、もともと「本能」で生きてるところがある
野生児だから。。(^▽^;)

本能に任せる「素直な声」を出すと
かってにそうなるんだ。。

でもそれが「本当の自分」だとちょっと感じてきた。


おお!前より輪郭がはっきりしてきたじゃん!
いままでは意識さえできない世界で
全部混ざって 生活してきたのに

ちょっと分けて意識できるようになってきたじゃん!

そんなところにいたのかい。
「素の自分ちゃん、、」

「本当の自分」って「素の自分」のことやったんか~!
そんな感動を感じたりしてる僕です、、(/ω\)


確かに、、これは、、体感、、の世界かも、、

既に体感している部分を
「ここ!これが素の君だよ!」って
分かるようになる旅でもあるのかも。。

なぜって、そうしたら、、
なんだか とっても幸せな気持ちになるから!(笑)

雲の上の世界ってイメージがピッタリな気がする。。

だからって、僕の自我がイメージしていたような
「仙人がいるような荘厳で静かな世界、、」というよりは

「ぽかぽかしていて、、
 お日さまが優しく照らしてくれていて、、
 虹色がそこここに溢れていて、、
 
 とても心が満たされてとっても安心して
 ふかふかの雲のベッドの上で
 たわむれながら 遊んでいるような世界」という感じ。。

(って全然、上手く説明できない。。(^▽^;))

きっとそれぞれの人が一番居心地がよいと感じる世界が
その雲の上には存在してるんだろうって思った。


これが、今日僕の見た旅の風景。。

「素の僕」って。。
この世界流の言葉でいうと

アンポンで隙がたくさんあって天真爛漫で、、
おもしろくて お茶目で ジョークが大好きな、、
とてもかわいらしい天使ちゃんだったよ^^

そんな「素の僕」を感じられて、
本当に嬉しかったです!(笑)


満ち足りる。。っていうと
何かによって満たされているようだけれど
そんな感じじゃないな。。

意識を向けてみれば
内から勝手に満たされてた、、って感じ。。
内側から虹色の光がもれ出してるっていうか。。

そんな心持を
「心地よい」とか「やすらか」とか
「至福」とかいうのかな。。?

何かによって満たされてるわけではなくて
勝手にそう感じてるだけって感じ。。

もともとそうゆう存在なんじゃないの?というか。。

雲の上にいる天使ちゃんは
この世界でいう「愛の波動」のようなものを
勝手に自分から発信していて

それはまるで虹色のオーラのように
周りに振りまいてるような感じだよ^^

こう、、幸せな感じの温かいオーラを
ナチュラルに、ゆるゆるとリラックスしながら
撒き散らしてる感じ。。(笑)

「今ここ」という場所にいつもいて
すべての体験を味わうことに感動してるよ^^

全部の体験が ベストな体験だねって。。


「体験」って「今」でしかできないでしょ?

そして、人は「今」以外で生きたことはないでしょ?
ということは「今」この瞬間に幸せを感じることができたら
永遠にずっと「幸せ」を感じられるんだ。

下界で言うところの
痛みだったり、悲しみだったりしても、、
やっぱり「今体験できてること」という点から言えば

「やっぱりいつもベストで今が最高」なんだよ。

「今以外に最高な場所なんて
 どこにも存在しないんだから。。」

だから、それがわかれば 
シンプルでいたって単純なことなんだよね^^

「今が最高^^」  終わり。(笑)

だから、「今ここ」で死ぬまで
「幸せ」を味わい尽くしたらいいんだよ^^
ってことだよね。。

人生って、、以外にシンプルにできてるんだな。。


体は今以外に生きたことは一度もない!(笑)
だから、、心も「今ここ」でしか幸せを感じられないんだよ

「今ここ」がいつも幸せのある場所なんだよo(^▽^)o

だから、安心して「今ここ」に居続けたらいいんだよ♪
【2009/01/26 15:15】 |  浄化ノート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
浄化ワークちょっと総括
僕は自分の変化を知ることが
とても苦手なので

ちょっとここいらで風景の変化を
また総括しておこうと思う。


「心が少しでも楽になれば」
という理由で観念浄化を始めた私。

たくさんの強迫観念を持っていて
ストレスでとても苦しかったので

最初に取り掛かったのが

① 「お金」に関する観念。

旦那さんの転職などもあり
「上手くいくこと」を
浄化することで諦めることができた。

そして、次の取り掛かったのが

② 「料理」に関する観念。

これはマジで大きな観念だった(^▽^;)

「料理が憎い」と思っていた気持ちを内観したら、
思いっきり脱力してびっくりしたもの。。

これで私のストレスも大いに減っていた。


次は母親の病気でしばらく
無我夢中の生活が続いて
また少しずつ浄化や内観を始めて。。


③ 「体調」に関する観念。を見つめたことかな?

これは「生きることを諦める」という方法で
そのストレスを軽くしていったように思う。

不調な自分がいてもいいんだ。
不調の自分を許して仲良くしていく。といった感じになれて。。

そんなこんなしながら
少しずつ「観念」の数を減らしながら
日記も書かせてもらいながらしていたら

自然と「対人関係」の訓練にもなっていたようで

④「対人関係」に対する観念。も軽くなってきていたようだ。

恥をかく自分を許す。。
人に嫌われる自分を許す。。
バカなことを言ってる自分を許す。。

何だか前より自我の抵抗が減ってきて
対人関係が前より怖くなくなってきた。


そして、こうやって観念の雲を減らしていって
少しずつ見えてきた青空から感じたことは。。

「全部が比較を超えた等価値の世界」
というなんとも、表現しがたい世界だ。

善悪がない。
すべてがあってもよいもの。
比べることもないので全てがありのままで完全。

完全ということはみんな満たされている存在。

そんな世界で「自我ちゃん」はもはや
ただの自我ちゃんでしかなく、、

前より心を惑わすこともなければ
前より何かに引っかかってストレスを感じることもない。。

ただ、、何かを感じて、、さらさらと流れてゆくだけ。。

「自我ちゃん」がさらさらと流れてゆくと
「今」にしか、意識が向かなくなるのだろうか?


今の私は「善悪の観念」の雲が前より晴れてきて
前より青空が見えやすくなったからか
心にストレスを感じることが少なくなっている。

気がついたら、、
いつの間にか風景が変わってきていた
何だか、そんな気がしてきた私だ。

そんなこんなで
ドタバタのんびりのどかの旅は今日も続く。。
 
【2009/01/26 15:14】 |  浄化ノート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。