スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「すべては、自分から」を読んで
最近サポートデスクで
安達さんが紹介されていた

「すべては、自分から」
http://e-jinsei.grouptube.jp/group/1/topic/277

というIさんの体験談の記事を読んで

「他人は合わせ鏡」の感覚が
ありがたくもまた一つ腑に落ちたので
ここに記しておきたい。

(ってコメント蘭に長々と
 感想書いちゃいましたが。。(^▽^;)
 
 akebさん^^kikiさん^^
 私の拙い感想が少しでもお役に立ててたら。。
 とっても嬉しいです。。(/ω\))

***********

他人は合わせ鏡。。
実は私もどうも腑に落ちない点があった。

例えば私の場合だと以下のように
「他人は合わせ鏡」を使って
観念を書き出す。


<父>

・ラベル「父は人をすぐ怒鳴る」

・感情に変換「人をすぐ怒鳴る父は許せない!」

・善悪の観念「人を怒鳴ることは悪いことだ」
        「人に優しく話すことは良いことだ」

<自分>

・ラベル「私は人をすぐ怒鳴る」

・感情に変換「人をすぐ怒鳴る私は許せない!」


こんな感じで、浄化していたのだが

「私は人をすぐ怒鳴る」ということを
現実にはしていないのに
浄化することにやや疑問を感じていた。

「これは、私ではない」と。。(^▽^;)

だから、思い当たる節もあるが
その人に見える全てが
鏡ではないんじゃないかって。。(爆)

でも今回このIさんの体験談を読んで
その疑問がすっきりした!(笑)


私は今まで「他人は合わせ鏡」って

「現実に私が行動していることを
 相手もしている」という意味だけの
合わせ鏡だと思っていたのだ。。( ̄ー ̄;

でもそもそも他人は合わせ鏡とは

「人をすぐ怒鳴る私は許せない!」
という「観念」を私が持っているということを
見つけ出すツールだったんだ~!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

「人を怒鳴ってはいけない!」
「人を怒鳴る自分が許せない!」

と自分を責めている観念を持っている以上

私だって「人を怒鳴る人」であったとも
いえるわけだなと。。

(分かりにくい文章で
 大変失礼いたしております。。(^▽^;))


「他人は合わせ鏡」とは。。

「心の中で自分が密かにもってる観念」を
あぶりだしてくれる

実にそのまんまのありがたい
「観念という思考探しの道具」だったのか。

「あなたが許していない
 否定している自分がいますよ!」

それに気付いて欲しいから
相手を鏡として自分に見せてくれている。

「人をすぐ怒鳴る自分が許せない!」と
自分を責めている自分を発見すれば。。

「私は父を責めているのではなく、
 私は自分を責めていたのだ」と

Iさんのような気付きにハッと
思い至ることができるようになった。

まさか。。これが
「すべては、自分が創っていた」
ということだったとは。。知らなかった~!(爆)


すべては相手を善悪で判断する
自分が持っていた観念から

「父はすぐ人を怒鳴る」という
そのまんまの
現実が創られていたとは!!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

私がこの善悪の観念を手放してしまえば。。
父はもはや何も引っかかることのない
「ただの父」。。と映るもんな。。( ̄ー ̄;


教材を読み返して見えれば
同じこと書いてありんした。。(^▽^;)

>「他人」は、あなたの潜在意識に潜んでいる「思い込み」を
  見せてくれるとってもありがたい存在なのです。
  (教材 4.宇宙を創る P14より)


こうやって浄化を続けていれば
その人、その人のタイミングで

他人は合わせ鏡の法則なども
少しずつ腑に落としていけると思って

これからもトコトコ浄化の道を
歩いていくぞ~(・∀・)


それではこの記事の
安達さんのレスを最後に。。(笑)

  「やればわかる やれば変わる 観念浄化」

  ぜひ一度、この基本に戻ってみてください。
 
  理屈は、教材やコラムなどで、すでに何度もお伝えしていますが

  結局、自分の中にある答えと出会わないと、

  心の曇りは取れません。


  すべては、自分から・・・

スポンサーサイト
【2009/01/26 21:10】 |  テイクオフコース日記 | コメント(0) | page top↑
僕の垣間見た雲の上の風景

僕は今までずっと混沌の中で生きていました。
とにかく 自分の中は 混沌としていました。


浄化ワークをするようになって
「あぁ、、これは自我なのかな」と
少しずつ意識するようになりました。

でも世界は混沌としていて 変わったようには感じません。


そんな日を幾日も続けていたある日、、
今までの混沌とした自分の中に

「本当の自分」も居たことを
フッと感じることができるようになりました。


その自分は 「素直な自分」であるとき。。
「大笑いしている自分」であるとき、、
「ふざけてバカになってる自分」であるときなどです。。

自分では意識したこともなくて
全然分からなかったのですが

「思考が止まっている」と教えてもらっていたので
「そういえば、、」ってふと思い返してみると

「本当の自分」である瞬間もあったんだなぁ。。
って気づいて、とても嬉しい気持ちになったんです。


混沌としていた世界に
少し線らしきものが生まれた瞬間です。

そうやって目をこらしていたら
少しずつ風景らしきものが見えてきました。


それは やっぱり
空に向かって自分が上昇して
雲を突き抜けて、
雲の上のお日さまが見えたような感覚です。

雲の上で のんびりお昼ねしているような感覚。

お空にはお日さまが優しく照らしていて
とてもなごやかで何故か満ち足りた世界です。。


いままで僕は僕の時間を生きている全部が自我で
本当の自分が一つも居なくて

なんだかとっても情けないような寂しいような
心が満たされないような気持ちでいましたが

「ああ!一瞬でも本当の自分もいたんじゃん^^」
と思えたら 何故かとても安心できたのです。



僕の場合、素直な自分であるとき、、

無意識にしているので意識したことはないのだけど
確かに思考はしていないな、、と思った。

僕の場合はそんな時、「感覚」でお話してるなって。。
魂から直接声を出してる感じ。。
そうするとかってに「素直」な声になってる。。

それをあとから思考して読むと
「これって、、ちょっとどうなん?」
「ちょっと、、子どもすぎない?」
「それって、大げさじゃないの?」
なんて声もなきにしもあらずなんだけれど(笑)

「いいの^^いいの^^それでいいの^^」
って声の方が大きいので
自我ちゃんもそこでは感じない。。


僕は、もともと「本能」で生きてるところがある
野生児だから。。(^▽^;)

本能に任せる「素直な声」を出すと
かってにそうなるんだ。。

でもそれが「本当の自分」だとちょっと感じてきた。


おお!前より輪郭がはっきりしてきたじゃん!
いままでは意識さえできない世界で
全部混ざって 生活してきたのに

ちょっと分けて意識できるようになってきたじゃん!

そんなところにいたのかい。
「素の自分ちゃん、、」

「本当の自分」って「素の自分」のことやったんか~!
そんな感動を感じたりしてる僕です、、(/ω\)


確かに、、これは、、体感、、の世界かも、、

既に体感している部分を
「ここ!これが素の君だよ!」って
分かるようになる旅でもあるのかも。。

なぜって、そうしたら、、
なんだか とっても幸せな気持ちになるから!(笑)

雲の上の世界ってイメージがピッタリな気がする。。

だからって、僕の自我がイメージしていたような
「仙人がいるような荘厳で静かな世界、、」というよりは

「ぽかぽかしていて、、
 お日さまが優しく照らしてくれていて、、
 虹色がそこここに溢れていて、、
 
 とても心が満たされてとっても安心して
 ふかふかの雲のベッドの上で
 たわむれながら 遊んでいるような世界」という感じ。。

(って全然、上手く説明できない。。(^▽^;))

きっとそれぞれの人が一番居心地がよいと感じる世界が
その雲の上には存在してるんだろうって思った。


これが、今日僕の見た旅の風景。。

「素の僕」って。。
この世界流の言葉でいうと

アンポンで隙がたくさんあって天真爛漫で、、
おもしろくて お茶目で ジョークが大好きな、、
とてもかわいらしい天使ちゃんだったよ^^

そんな「素の僕」を感じられて、
本当に嬉しかったです!(笑)


満ち足りる。。っていうと
何かによって満たされているようだけれど
そんな感じじゃないな。。

意識を向けてみれば
内から勝手に満たされてた、、って感じ。。
内側から虹色の光がもれ出してるっていうか。。

そんな心持を
「心地よい」とか「やすらか」とか
「至福」とかいうのかな。。?

何かによって満たされてるわけではなくて
勝手にそう感じてるだけって感じ。。

もともとそうゆう存在なんじゃないの?というか。。

雲の上にいる天使ちゃんは
この世界でいう「愛の波動」のようなものを
勝手に自分から発信していて

それはまるで虹色のオーラのように
周りに振りまいてるような感じだよ^^

こう、、幸せな感じの温かいオーラを
ナチュラルに、ゆるゆるとリラックスしながら
撒き散らしてる感じ。。(笑)

「今ここ」という場所にいつもいて
すべての体験を味わうことに感動してるよ^^

全部の体験が ベストな体験だねって。。


「体験」って「今」でしかできないでしょ?

そして、人は「今」以外で生きたことはないでしょ?
ということは「今」この瞬間に幸せを感じることができたら
永遠にずっと「幸せ」を感じられるんだ。

下界で言うところの
痛みだったり、悲しみだったりしても、、
やっぱり「今体験できてること」という点から言えば

「やっぱりいつもベストで今が最高」なんだよ。

「今以外に最高な場所なんて
 どこにも存在しないんだから。。」

だから、それがわかれば 
シンプルでいたって単純なことなんだよね^^

「今が最高^^」  終わり。(笑)

だから、「今ここ」で死ぬまで
「幸せ」を味わい尽くしたらいいんだよ^^
ってことだよね。。

人生って、、以外にシンプルにできてるんだな。。


体は今以外に生きたことは一度もない!(笑)
だから、、心も「今ここ」でしか幸せを感じられないんだよ

「今ここ」がいつも幸せのある場所なんだよo(^▽^)o

だから、安心して「今ここ」に居続けたらいいんだよ♪
【2009/01/26 15:15】 |  浄化ノート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
浄化ワークちょっと総括
僕は自分の変化を知ることが
とても苦手なので

ちょっとここいらで風景の変化を
また総括しておこうと思う。


「心が少しでも楽になれば」
という理由で観念浄化を始めた私。

たくさんの強迫観念を持っていて
ストレスでとても苦しかったので

最初に取り掛かったのが

① 「お金」に関する観念。

旦那さんの転職などもあり
「上手くいくこと」を
浄化することで諦めることができた。

そして、次の取り掛かったのが

② 「料理」に関する観念。

これはマジで大きな観念だった(^▽^;)

「料理が憎い」と思っていた気持ちを内観したら、
思いっきり脱力してびっくりしたもの。。

これで私のストレスも大いに減っていた。


次は母親の病気でしばらく
無我夢中の生活が続いて
また少しずつ浄化や内観を始めて。。


③ 「体調」に関する観念。を見つめたことかな?

これは「生きることを諦める」という方法で
そのストレスを軽くしていったように思う。

不調な自分がいてもいいんだ。
不調の自分を許して仲良くしていく。といった感じになれて。。

そんなこんなしながら
少しずつ「観念」の数を減らしながら
日記も書かせてもらいながらしていたら

自然と「対人関係」の訓練にもなっていたようで

④「対人関係」に対する観念。も軽くなってきていたようだ。

恥をかく自分を許す。。
人に嫌われる自分を許す。。
バカなことを言ってる自分を許す。。

何だか前より自我の抵抗が減ってきて
対人関係が前より怖くなくなってきた。


そして、こうやって観念の雲を減らしていって
少しずつ見えてきた青空から感じたことは。。

「全部が比較を超えた等価値の世界」
というなんとも、表現しがたい世界だ。

善悪がない。
すべてがあってもよいもの。
比べることもないので全てがありのままで完全。

完全ということはみんな満たされている存在。

そんな世界で「自我ちゃん」はもはや
ただの自我ちゃんでしかなく、、

前より心を惑わすこともなければ
前より何かに引っかかってストレスを感じることもない。。

ただ、、何かを感じて、、さらさらと流れてゆくだけ。。

「自我ちゃん」がさらさらと流れてゆくと
「今」にしか、意識が向かなくなるのだろうか?


今の私は「善悪の観念」の雲が前より晴れてきて
前より青空が見えやすくなったからか
心にストレスを感じることが少なくなっている。

気がついたら、、
いつの間にか風景が変わってきていた
何だか、そんな気がしてきた私だ。

そんなこんなで
ドタバタのんびりのどかの旅は今日も続く。。
 
【2009/01/26 15:14】 |  浄化ノート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「通院クラブ」経過変遷

<大切な旦那さんの言葉>

「生きて存在してくれてるだけで

 僕を幸せにしてくれているんだよ。

 最初の頃から思っていたことだよ。 

 このことはずっと忘れないでね^^」 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1996年4月   広島で引きこもり生活
           ダンナさんと遠距離生活開始

1998年5月   結婚と同時にうつ病悪化
           広島で初めて病院へ受診する
           ダンナさんと別居結婚開始
        
           →「通院クラブ」           

2000年4月   病状の回復が認められなかったので
           カウンセリングの受診開始
         
           →「カウンセリングクラブ」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2001年10月  父親の退職に伴い
           ダンナさんの居る県内に転居
           物理的距離は近くなる。

           転居に伴い病院も転院。
           環境の変化により症状が悪化。
        
           →「通院・カウンセリングクラブ」
             (新しい病院でまた開始)

2003年4月   両親に「あと3年経ったら面倒はみない」
           発言をされる。
           (自宅滞在 2,3日)
                    
           自分で自立へ向けてできることをしないと
           このままでは飼い殺しにされると一念発起。
        
           「心の自立訓練」を始める。
           →ダンナさんとの人間関係訓練開始 
            (この4月からSSRIを飲み始める)
          
           →7月「楽しみクラブ」  10月「車クラブ」

2004年4月   「心の自立訓練2年目」
           (自宅滞在 1週間前後)
          
           →ダンナさんと居ることに慣れてきた
            (眠ること 食べることに慣れてきた)
                     
           →4月「自活クラブ」  5月「人クラブ」      
           →自分の持っていた様々なトラウマを克服      
    
2005年4月   「心の自立訓練3年目」
           (自宅滞在 7日~10日前後)
           
           →ダンナさんとの関係も安定してきた
            (自分の思ったことを話せるようになってきた)
         
           →4月「自炊クラブ」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2006年4月   「心の自立訓練」おおむね終了。
           (自宅滞在 2週間前後)
          
           →何より大きいのはこの期間で
            ダンナさんとの信頼関係を築けたこと。
            (人との信頼関係は生まれて初めて)
 
           両親の言っていた期限もきたが
           前より心が落ち着いてきたこと
           自宅にも1週間は帰られるようになったこと
           経済問題を別にしたことで
           前よりかえって協力してくれるようになった。

           「生活の自立訓練」開始(身の回りの家事)        
           →6月「ブログクラブ」  7月「買出し隊クラブ」

2007年4月   「生活の自立訓練2年目」(食事関係の家事)
           (自宅滞在 2週間前後)

           →4月「料理クラブ」         
            (6月-戦後の食卓へ行き着く)

           「のんのん主婦生活」
             実践課題クラブ。。おおむね出尽くす。               
                 
           →10月「車クラブ」
           11月「観念浄化ワーク」に出会う

2008年4月   「生活の自立訓練3年目」
           (自宅滞在3週間前後)

            3月「テイクオフコース」参加

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  〃   10月  「念願達成-夢の自宅同居生活」  
           (主に自宅に生息 4週間前後)

           10月「下宿クラブ」始動。。
           11月「婦人科検診」
               「歯医者通院」開始 
       
          ※「下宿クラブ」とは。。

            ①自分の身の回りの世話ができる
            ②自分のご飯の準備ができる 
            ③同居人と生活をシェアできる
            ④一人の時間を自分でコントロールできる
            ⑤車という移動手段があり移動が楽
            ⑥人間関係が楽(ない。。笑)
            ⑦学ぶ環境がある(生きがい) 

2009年1月  現在

          ますます「のん吉ワールド」で
          のんびり楽しく暮らしていけるように

          僕というお花さんを
          大切にお世話をしながら
          ふんわりと、、そして芯はたくましく(笑)
          育てていけたらいいな。。(*^ー^)ノ
       
【2009/01/22 12:08】 |  症状ノート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
数年前まで。。
私は10年ほど遠距離結婚をしていた。

寝たきり引きこもりとなって
一歩も実家から出られなくなって
外出といえば週一の通院。。

本当に日々体が重くて、だるくて。。
心もブルーで能面のように過ごしていた。


そんな日々を今日ふと思い出し
今もだるいけれど。。
自宅でゴロゴロしているけれど。。

旦那さんとお話をする力もなかったのに
今はぼつぼつとお話できる。。

何にも自炊もできなかったのに
今はご飯を炊くことができる。。

とにかくたくさん感謝したい気持ちになった。

今の全ての環境に感謝だなぁ。。
【2009/01/22 11:35】 |  つれづれノート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日の朝カン

私は周期的に心身の状態が
とても変化するので

浄化ワークの取り組み方も
とっても自己流でのんびりしていると思う。

一年単位でも調子のよい季節と
調子の悪い季節などがあり

一ヶ月単位でも
女性ホルモンの周期があるので

それらと折り合いをつけながら
やりたいときにやってきたという感じだ。


それでもコツコツとできるときに
一年ほどやってみると
やっぱり風景に変化は見られた。

ということなので
数個の観念でもいいから
できるときは浄化してみようと思っている私だ。


リストは何も考えないでいいし
とにかく淡々と続けて一通り浄化してみた。

とりあえず今は自分の弱い点である
「対人恐怖」「体調心配症」
などの辺りを中心に作った

朝カンリストなどで浄化をしてみようと
くつろいでいるところだ。。(笑)

*************

<朝カンリスト>

・人に嫌われる自分は許せない!
・人に嫌われることは悪いことだ
・人に好かれることは良いことだ
・人に嫌われてはいけない(決め付け)
(人に嫌われる自分を許します!)

・恥をかく(かっこ悪い)自分を許せない!
・恥をかく(かっこ悪い)ことは悪いことだ
・欠点のない(かっこ良い)ことは良いことだ
・恥をかいてはいけない
(恥をかく(かっこ悪い)自分を許します!)

・人に馬鹿にされてはいけない!
・人に馬鹿にされることは悪い
・人に尊敬されることは良い
・人に馬鹿にされる自分が許せない!
(人に馬鹿にされる自分を許します!)

・超適当な自分が許せない!
・超適当なことは悪いことだ
・超真面目なことは良いことだ
・超適当な自分でいてはいけない
(超適当な自分を許します!)

・わがままな自分が許せない!
・わがままなことは悪いことだ
・人に合わせることは良いことだ
・わがままな自分でいてはいけない
(わがままな自分を許します!)

・疲れている(だるい)自分を許せない!
・疲れている(だるい)ことは悪いことだ
・快適なのは良いことだ
・疲れている(だるい)自分でいてはいけない
(だるい自分を許します!)

【2009/01/22 11:24】 |  浄化ノート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「思い込み」を忘れてた☆3
2009.01.18 15:55 Sunday
「思い込み」を忘れてた!☆3

思い込みとか、、決め付けとか、、
これも浄化できるんだった!

それを今まで忘れてたな~(笑)

これってさ、、
「これは思い込みだ!決めつけだ!」
って気付けただけで
もう半分浄化できてるような。。(^▽^;)


「だるい」という状態があるから
「健やか」という状態も感謝できるわけで、、

いつも「健やか」だと感謝の気持ちも
ありがたみもわからないでしょ?

だから、やっぱり「虚弱」な体験は
とっても貴重だし

どんな体験にも無駄なものってないんだよ。


小学生の頃、、熱が出たり、、風邪ひいても
「嫌だ」とか「つらい」とか思ってなかった。

ただ、淡々とその一瞬一瞬を感じて
無心に過ごしていたというか。。

「今」だけを生きてたよな。。


その頃の感覚を目安という指針として
今を考えてみると

やっぱり「辛いのは嫌」とか
「痛いのは嫌」とかいう思いも

「決め付け」なんだ。。!!

(旦那さんに
 「どうしてだるいのが嫌なの?」
 って聞かれて、
 「???」となってハタと気付いた。。)

だって、「辛いの嫌」って思ってない人だって
きっといるもの!


自分の真実と思っているものは真実にあらず。。
それは、僕の自我の作った「幻の世界」です。

ひょっとして僕は「決め付けだらけ。。」
の世界で生きてるかも。。
と、いまさら気付いたりなんかして。。(^▽^;)

思い込み、、決め付け関係、、
これから注意して探してみよう。。

【2009/01/18 21:23】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
不調が憎い^^;(笑)
2009.01.18 15:14 Sunday
「憎い」という強い感情☆2

僕は、、「憎む」という感情を
大いに否定しまくってきたようだ。

その言葉を使うと
どうもココロが大きく反応するから。。(^▽^;)

ドキドキするってことは。。
「図星!」だってこと!!

僕の「憎み」リスト。。
ドロドロに溜めたココロの観念。。( ̄ー ̄;

自分の調子がまずまずのときなどに
ゆっくりゆっくり自分のペースで
繰り返し浄化して綺麗にしていきたいな!


※私など、長年安定剤などを服用中なのですが
  心に病気をお持ちの方などで
  その色んな症状によっては
  まず自分の症状の安定が第一だと思いますので

  そうゆう方がいらっしゃったら
  なるべく自分の調子が落ち着いているときに
  抵抗の強い観念などは徐々に
  浄化していくことをお勧めします。。

  場合によってはかえって自爆することも
  ありますので。。(^▽^;)(体験者は語る。。爆) 
  

***********

<お月さま周辺の「憎い」リスト>

・満月が憎い。
・高温期が憎い。
・ホルモンが憎い。
・気分や体調に変化がでるのが憎い。

・イライラを生むのが憎い。
・暴力的になるのが憎い。
・とっても体調が低下するのが憎い。
・だるだるになるのが憎い。
・のぼせたようにふらふらするのが憎い。
・吹き出物がでやるくなるのが憎い。

・とても神経質になるのが憎い。
・とても心配症になるのが憎い。
・泣きたくなるのが憎い。

・人にたくさん当たってしまうのが憎い。
・生活に支障がでることが憎い。
・思うように動けなくなることが憎い。

・自分でコントロールできないことが憎い。

・何かを憎んではいけない!
・憎むことは悪いことだ
・愛することは良いことだ
・何かを憎む自分がとても許せない!!


※この「お月さま周辺憎みリスト」をベースに
  「善悪の観念」 (良い悪い)
  「強迫観念」(~するべし)
  「許し」(~な自分は許せない)
  の浄化をしていけばなおいいのかな。。?

【2009/01/18 21:22】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「いつも好調でいたい」を諦める
2009.01.18 15:01 Sunday
「いつも好調でいたい」を諦める☆1
好調をずっとキープできるもんか!

不調さんと仲良く共存しながら
みんな生きてるんやで?

不調とともに仲良く生きるや!

弱いままに、、生きる。。


ちょっと心の中を覗いてみると。。

・「不調な自分を許してない。。」

不調な自分を許そうよ?
全部ありのまんまで最高の僕らだよ?

・「不調が憎い。。」

でた~~~~!!!
もう、不調が憎くて憎くてたまらないのや~(^▽^;)自分!(笑)

でも、嫌と思えば、思うほど、不調になりまっせ~♪

この、不調な時期に
丁度よい内観の時期に来たってことっすね!


ちょっとだけ。。内観してみましょ。。

(つづく。。)
【2009/01/18 21:21】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まったり。。
今日は久しぶりにゆっくり過ごせている。

昨日とおととい病院にいけるか
とても気になっていたので
それが終わってホッとしたんだろう。

今月は実家に帰れそうもないと
母親に納得してもらえたことも大きい。

これで、またゆっくり休めるぞ^^


やっぱり僕は「ゆとりある生活」が
とっても落ち着くな。。

日々の生活一つにしても
興味のある学習にしても
「ゆっくり楽しんでできるペース」
を大切にしていきたいな^^

今日もこうやって
寒い一日をまったりと過ごせていることに
たくさん感謝したい^^

【2009/01/15 13:11】 |  つれづれノート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
体調の観念
2009.01.11 12:21 Sunday
体調の観念

私は周期的に体調が変化する。
特に高温期の時期は心身ともに状態が下降する。

それでなくても
「自分の体調」に関して色んな執着があるので
ここいらで内観してみたいと思う。

冬になると
とっても大きな恐怖となるのが
「風邪をひくこと」だ。

風邪をひくと。
 ↓
現実生活が滞るのが嫌
 ↓
体が辛いのが嫌
 ↓
人さまの迷惑になるのが嫌
 ↓
「軟弱モノ」と人に思われるのが嫌


ほほーー。

結局、
「健康的でなければ 人にバカにされる」
「軟弱でいては、カッコ悪いし情けない」
という観念を発見。

純粋な「体の辛さ」も
ストレスの一つではあると思うが

それより「心理的な抵抗」の方が
大きいのかもしれないな。。


「だるい」という不調そのものよりも

「不調」によって
「日常生活が滞る」ことで
「予定通りの生活ができない」

そのことで人さまに
「弱い人だ」と思われることが嫌なのか。。


「面子が大事」なんやね。。

「日常生活が滞る自分には価値がない」
「いつも寝込んでいるような自分には価値がない」

「不健康な自分には価値がない」って思っても居るな。。


この
「不調な自分」=「役に立たない」=「価値がない」
           (人のお荷物になる)

(「健康な自分」=「役に立てる」=「価値がある」)

という思考パターンも
だんだんと浄化していきたいなぁ。。


**************

・風邪をひきたくない
・風邪をひく自分を許せない
・風邪をひくことは悪いことだ
・健康なことは良いことだ

・だるい自分が許せない
・だるいのは悪いことだ
・不快感がないことは良いことだ
・不快感とともにいるべきではない

・現実生活を停滞させてはいけない
・現実生活を停滞させる自分が許せない!
・現実生活を停滞させることは悪いことだ
・現実生活を継続することは良いことだ

・人の迷惑になることをするべきでない
・人の厄介になる自分を許せない
・人に迷惑をかけることは悪いことだ
・人に頼らないことは良いことだ
・人の迷惑になる自分に価値はない

・軟弱であるべきではない
・軟弱である自分を許せない!
・軟弱であることは悪いことだ
・丈夫であることは良いことだ
・軟弱な自分には価値がない

・不健康な自分には価値がない
・不健康なことは悪いことだ
・健康なことは良いことだ
・不健康な自分が許せない

・人の役に立たない人は価値がない
・人の役に立たないことは悪いことだ
・人の役に立つことは良いことだ
・人の役に立たない自分が許せない!

・価値がない自分が許せない
・価値を求めるべきだ
・価値があることは良い
・価値がないことは悪い

・健康でないと人にバカにされる
・人にバカにされることは悪い
・人に褒められることは良い
・不健康だとバカにされる自分が許せない!

************


軟弱で、弱弱な自分を許そう!!(笑)

いつも元気いっぱいに
飛び回れない自分を諦めよう!(^▽^;)

人は存在するだけで
皆それぞれに価値ある存在なんだじょ^^

みんな、ありのまんまで素敵^^

ここんとこ。。
じっくり繰り返し向き合っていこう。。

【2009/01/11 21:20】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
僕の見た雲の上の世界
2009.01.02 13:28 Friday
僕の見た雲の上の景色
僕は今までずっと混沌の中で生きていました。
とにかく 自分の中は 混沌としていました。


浄化ワークをするようになって
「あぁ、、これは自我なのかな」と
少しずつ意識するようになりました。

でも世界は混沌としていて 変わったようには感じません。


そんな日を幾日も続けていたある日、、
今までの混沌とした自分の中に

「本当の自分」も居たことを
フッと感じることができるようになりました。


その自分は 「素直な自分」であるとき。。
「大笑いしている自分」であるとき、、
「ふざけてバカになってる自分」であるときなどです。。

自分では意識したこともなくて
全然分からなかったのですが

「思考が止まっている」と教えてもらっていたので
「そういえば、、」ってふと思い返してみると

「本当の自分」である瞬間もあったんだなぁ。。
って気づいて、とても嬉しい気持ちになったんです。


混沌としていた世界に
少し線らしきものが生まれた瞬間です。

そうやって目をこらしていたら
少しずつ風景らしきものが見えてきました。


それは やっぱり
空に向かって自分が上昇して
雲を突き抜けて、
雲の上のお日さまが見えたような感覚です。

雲の上で のんびりお昼ねしているような感覚。

お空にはお日さまが優しく照らしていて
とてもなごやかで何故か満ち足りた世界です。。


いままで僕は僕の時間を生きている全部が自我で
本当の自分が一つも居なくて

なんだかとっても情けないような寂しいような
心が満たされないような気持ちでいましたが

「ああ!一瞬でも本当の自分もいたんじゃん^^」
と思えたら 何故かとても安心できたのです。



僕の場合、素直な自分であるとき、、

無意識にしているので意識したことはないのだけど
確かに思考はしていないな、、と思った。

僕の場合はそんな時、「感覚」でお話してるなって。。
魂から直接声を出してる感じ。。
そうするとかってに「素直」な声になってる。。

それをあとから思考して読むと
「これって、、ちょっとどうなん?」
「ちょっと、、子どもすぎない?」
「それって、大げさじゃないの?」
なんて声もなきにしもあらずなんだけれど(笑)

「いいの^^いいの^^それでいいの^^」
って声の方が大きいので
自我ちゃんもそこでは感じない。。


僕は、もともと「本能」で生きてるところがある
野生児だから。。(^▽^;)

本能に任せる「素直な声」を出すと
かってにそうなるんだ。。

でもそれが「本当の自分」だとちょっと感じてきた。


おお!前より輪郭がはっきりしてきたじゃん!
いままでは意識さえできない世界で
全部混ざって 生活してきたのに

ちょっと分けて意識できるようになってきたじゃん!

そんなところにいたのかい。
「素の自分ちゃん、、」

「本当の自分」って「素の自分」のことやったんか~!
そんな感動を感じたりしてる僕です、、(/ω\)


確かに、、これは、、体感、、の世界かも、、

既に体感している部分を
「ここ!これが素の君だよ!」って
分かるようになる旅でもあるのかも。。

なぜって、そうしたら、、
なんだか とっても幸せな気持ちになるから!(笑)

雲の上の世界ってイメージがピッタリな気がする。。

だからって、僕の自我がイメージしていたような
「仙人がいるような荘厳で静かな世界、、」というよりは

「ぽかぽかしていて、、
 お日さまが優しく照らしてくれていて、、
 虹色がそこここに溢れていて、、
 
 とても心が満たされてとっても安心して
 ふかふかの雲のベッドの上で
 たわむれながら 遊んでいるような世界」という感じ。。

(って全然、上手く説明できない。。(^▽^;))

きっとそれぞれの人が一番居心地がよいと感じる世界が
その雲の上には存在してるんだろうって思った。


これが、最近少し垣間見た僕の旅の風景。。

「素の僕」って。。
この世界流の言葉でいうと

アンポンで隙がたくさんあって天真爛漫で、、
おもしろくて お茶目で ジョークが大好きな、、
とてもかわいらしい天使ちゃんだったよ^^

そんな「素の僕」を感じられて、
本当に嬉しかったです!(笑)


満ち足りる。。っていうと
何かによって満たされているようだけれど
そんな感じじゃないな。。

意識を向けてみれば
内から勝手に満たされてた、、って感じ。。
内側から虹色の光がもれ出してるっていうか。。

そんな心持を
「心地よい」とか「やすらか」とか
「至福」とかいうのかな。。?

何かによって満たされてるわけではなくて
勝手にそう感じてるだけって感じ。。

もともとそうゆう存在なんじゃないの?というか。。

雲の上にいる天使ちゃんは
この世界でいう「愛の波動」のようなものを
勝手に自分から発信していて

それはまるで虹色のオーラのように
周りに振りまいてるような感じだよ^^

こう、、幸せな感じの温かいオーラを
ナチュラルに、ゆるゆるとリラックスしながら
撒き散らしてる感じ。。(笑)

「今ここ」という場所にいつもいて
すべての体験を味わうことに感動してるよ^^

全部の体験が ベストな体験だねって。。


「体験」って「今」でしかできないでしょ?

そして、人は「今」以外で生きたことはないでしょ?
ということは「今」この瞬間に幸せを感じることができたら
永遠にずっと「幸せ」を感じられるんだ。

下界で言うところの
痛みだったり、悲しみだったりしても、、
やっぱり「今体験できてること」という点から言えば

「やっぱりいつもベストで今が最高」なんだよ。

「今以外に最高な場所なんて
 どこにも存在しないんだから。。」

だから、それがわかれば 
シンプルでいたって単純なことなんだよね^^

「今が最高^^」  終わり。(笑)

だから、「今ここ」で死ぬまで
「幸せ」を味わい尽くしたらいいんだよ^^
ってことだよね。。

人生って、、以外にシンプルにできてるんだな。。


体は今以外に生きたことは一度もない!(笑)
だから、、心も「今ここ」でしか幸せを感じられないんだよ

「今ここ」がいつも幸せのある場所なんだよo(^▽^)o

だから、安心して「今ここ」に居続けたらいいんだよ♪
【2009/01/02 21:19】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
浄化ワークちょっと総括
2009.01.02 13:24 Friday
浄化ワーク、、ちょっと総括
僕は自分の変化を知ることが
とても苦手なので

ちょっとここいらで風景の変化を
また総括しておこうと思う。


「心が少しでも楽になれば」
という理由で観念浄化を始めた私。

たくさんの強迫観念を持っていて
ストレスでとても苦しかったので

最初に取り掛かったのが

① 「お金」に関する観念。

旦那さんの転職などもあり
「上手くいくこと」を
浄化することで諦めることができた。

そして、次の取り掛かったのが

② 「料理」に関する観念。

これはマジで大きな観念だった(^▽^;)

「料理が憎い」と思っていた気持ちを内観したら、
思いっきり脱力してびっくりしたもの。。

これで私のストレスも大いに減っていた。


次は母親の病気でしばらく
無我夢中の生活が続いて
また少しずつ浄化や内観を始めて。。


③ 「体調」に関する観念。を見つめたことかな?

これは「生きることを諦める」という方法で
そのストレスを軽くしていったように思う。

不調な自分がいてもいいんだ。
不調の自分を許して仲良くしていく。といった感じになれて。。

そんなこんなしながら
少しずつ「観念」の数を減らしながら
日記も書かせてもらいながらしていたら

自然と「対人関係」の訓練にもなっていたようで

④「対人関係」に対する観念。も軽くなってきていたようだ。

恥をかく自分を許す。。
人に嫌われる自分を許す。。
バカなことを言ってる自分を許す。。

何だか前より自我の抵抗が減ってきて
対人関係が前より怖くなくなってきた。


そして、こうやって観念の雲を減らしていって
少しずつ見えてきた青空から感じたことは。。

「全部が比較を超えた等価値の世界」
というなんとも、表現しがたい世界だ。

善悪がない。
すべてがあってもよいもの。
比べることもないので全てがありのままで完全。

完全ということはみんな満たされている存在。

そんな世界で「自我ちゃん」はもはや
ただの自我ちゃんでしかなく、、

前より心を惑わすこともなければ
前より何かに引っかかってストレスを感じることもない。。

ただ、、何かを感じて、、さらさらと流れてゆくだけ。。

「自我ちゃん」がさらさらと流れてゆくと
「今」にしか、意識が向かなくなるのだろうか?


今の私は「善悪の観念」の雲が前より晴れてきて
前より青空が見えやすくなったからか
心にストレスを感じることが少なくなっている。

気がついたら、、
いつの間にか風景が変わってきていた
何だか、そんな気がしてきた私だ。

そんなこんなで
ドタバタのんびりのどかの旅は今日も続く。。
【2009/01/02 21:19】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お間抜けな天使ちゃん
2009.01.02 11:01 Friday
お間抜けな天使ちゃん

自分が一番楽しくて解放されてる瞬間。。

それを最近色々と感じてきたのだけれど
どうも私は「子どものように天真爛漫」でいることが
とっても居心地がいいらしい。。(^▽^;)

そして、そんな自分は中学生くらいまで続いたが
だんだんと周りから浮いていく自分にも気づき始めた。

「あの人子どもっぽいよね。。」
「いつまでも子どもみたいで、、変わってるよね、、」

自分の居心地のよさを求めていたら
中学生時代、そういう声を耳にして
心がとても傷ついた過去も思い出した。


だから私は

「人からバカにされないように、、
 大人のようにならないといけない!」って

ずっと肩肘張って高校生くらいから
がんばって生きてきたんだろうと思う。


その頃からずっと「心の病気」も持っていて
結局、思えば、

そんな色んな「かくあるべし」という
強迫観念にがんじがらめになって

それが大きなストレスとなり
長年の心の病気の始まりとなったのだろう。。


そして、その頃から考えると、
20数年たって、
ようやくまた同じ地点へ戻ってきた。


僕は、、やっぱり

あの頃友人に
「あの人、、子どもっぽくて変わってるよね、、」
って言われて傷ついたけれど、、

「天真爛漫でアンポンな自分」で居るときに
一番自由で楽しい自分を感じる。

だから、今度こそ対決するときなのだろう。


旦那さんは言う。

「君は最高にラブリーでかわいい^^

 そんな年なのに(ほっとけ!笑)
 どうしていつまでも子どもの心のままでいられるのか、、
 僕はいつも感心させられる。

 君はそうやって天真爛漫にいてくれることが
 僕を一番幸せにしてくれて、
 周りの家族の人たちもとっても癒されてるんだよ^^

 だから、いつまでも自由に楽しく暮らしていてね^^」


今は、、この言葉にとても救われている。

私の使命は「旦那さんを幸せにすること」。
これはゆるぎない私の中の軸だ。

旦那さんが「ありのまんまの僕」を
心から必要としてくれていて
僕も「旦那さんの幸せ」をいちばんに望んでいる。

じゃあ、これでいいじゃん!(笑)


他の人に
「あの人、子どもっぽくて、バカみたい。」
「あの人って、、何か、、変わってるよね、、」
「いい大人が、みっともないよね、、」

そんな風にバカにされたって
もういいことにしよう!

気にしないことにしよう!(笑)


どのみち すべては等価値なのだし、、
僕は、子どもでもバカにされても
僕自身の価値にはなんの影響もないんだ。

僕は、僕だけのお花さんを咲かすことを
もう諦めたりしない。
(え?諦めたほうがいいのか。。(^▽^;))


自分の中にしっかりとした
「自分の軸」を持って
色んな「観念」を軽くしていって

僕だけのお花さんの茎を
今度こそ大きな風が吹いたって
折れることのないように、、

柔らかくそして強い、、
そんな柳のように軽やかでしなやかな
自分自身に近づけるように。。

これからはせっせとお世話をしていきたい^^


今年の目標はこれで決まり^^

アンポンのどかで居心地よくいられるように
ナチュラルに力を抜いて暮らせるように、、

ますますいらない観念を浄化して
自由自在に身軽になって

どんなお天気にも左右されない
どしっとしてしなやかな

僕だけのカタチのお花さんを
心の中に育てていきたいな。。^^


ということで今年も明けましたが
今年もまた グルグル大歓迎!(笑)
トコトコ浄化の旅を続けていきたいと思います(〃▽〃)

こんなドタバタヤローではありますが(^▽^;)
ありがたい旅仲間の皆さま。。
今年もどうぞよろしくお願いいたしまっしゅ(`・ω・´)ゞ

おしまい^^

【2009/01/02 21:18】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お子さまな自分を許します!
2009.01.02 10:56 Friday
お子さまな自分を許します!

「料理ができない自分」
がどうしても許せなかった僕。。

でも今では、楽ちんに許してる。。(^▽^;)

だから今度もこれと同じことすればいいんだよ。。

「子どものようにしか居られない自分が許せない」
って思ってるんでしょ?
そんな自分を諦めたらいいんだと思うんだよ。。


「お子さまのまま、あんぽんな自分を許します!」

これだよね。。
ここを大きく、たっくさんほってみよっか?

どうして「お子さまな僕」を許せないのか。。
傷つくのが嫌なんだよな。。(^▽^;)

・人に「大人ななのに、子どもみたいで見っともない!」
 といわれることが辛い。

・アンポンな自分が恥ずかしい。

・人にバカにされるのが嫌だ!

・見っともない自分が嫌だ!

・人に白い目で見られる自分が嫌だ。

・人に軽蔑される自分が嫌だ。

・人に差別される自分が辛い。。


そうだな、、
人から「差別される」のがとっても怖いんだな。。σ(^_^;)

バカにされる、、よりももっと強い感じ、、
「強く否定される自分」が悲しいのだろう。。

自我ちゃんは自分を守ることが第一だから。。
やっぱり、人に軽蔑されたら、、嫌なんだよね(^▽^;)

自己防衛本能の賜物だろうなぁ。。

「人から差別され、蔑まれること」
この辺りを内観して浄化してみよう。。


**************

・人に「もういい大人ななのに、
 いつまでも子どもみたいで見っともない!」
 といわれることが辛い。

・人に軽蔑されるべきではない!
・人に軽蔑されることは悪いことだ
・人に軽蔑されることは嫌だ
・人に尊敬されることは良い

・人に「もういい大人なのに、
 いつまでも子どもみたいで見っともない!」
 と言われる自分を許せない

・アンポンな自分が恥ずかしい。
・アンポンな自分でいるのが嫌だ
・アンポンな自分は悪い
・お利口な自分は良い
・アンポンな自分が許せない

・人にバカにされるのが嫌だ!
・人にバカにされるべきではない
・人にバカにされることは悪い
・人に褒められることは良い
・人にバカにされる自分が許せない

・見っともない自分が嫌だ!
・見っともない自分でいるべきではない
・見っともない自分は悪い
・カッコいい自分は良い
・見っともない自分を許せない!

・人に白い目で見られる自分が嫌だ。
・人に白い目で見られることは悪い
・人から賞賛を浴びることは良い
・人に白い目で見られる自分が許せない!

・人に差別される自分が辛い。。
・人に差別される自分でいてはいけない
・人に差別される自分は悪い
・人に区別されない自分は良い
・人に差別される自分が許せない!

・多数の人と違う自分が許せない
・多数の人と同じ自分は良い
・多数の人と違う自分は悪い
・多数の人と違う自分は許せない!

・人から蔑まれることが怖い
・人から蔑まれるべきではない
・人から蔑まれることは悪い
・人から大いに賞賛されることは良い
・人から蔑まれる自分を許せない!

・人から仲間外れにされるのが嫌だ
・人から仲間外れにされるべきではない
・人から仲間外れにされることは悪い
・人の仲間であることは良い
・人から仲間外れにされる自分が許せない!

・人にいじめられる自分が悲しい
・人にいじめられる自分でいるべきではない
・人にいじめられる自分は悪い
・人に仲良くされる自分は良い
・人にいじめられる自分を許せない!


**************

「人から軽蔑されるのが嫌だ」
の観念から掘ってみると

小学生、、中学生時代の
仲間はずれにされたり
いじめられた経験が
大元になっていると気づいた。

そっかぁ。。
あの頃とっても辛かったんだね。。

この辛い経験からも浄化して
だんだんと楽になっていけたらいいね^^


【2009/01/02 21:17】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。