スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
善と悪を超えて☆2
2008.08.23 11:21 Saturday
善と悪を超えて☆2

父と母の中に
私は自分の中の「嫌な自分」を見ていた。

そして、それは「否定するものでもなく」
「ただの事実」ということに思い至ってきた。

父親は父親らしいカタチで存在し

母親は母親らしいカタチで存在し。。

それぞれに生まれ持った
自然なカタチの違いがあるだけで

ひまわりが、ただ、ひまわりとして存在いしているように。。

桔梗が、ただ、桔梗として存在しているように。。

ただそれぞれがそれぞれに
ありのままの姿が完全で
尊い存在なのだと思うようになってきた。


父のありのままの姿を受け入れ
母のありのままの姿を受け入れ。。
そして、私のありのままの姿を受け入れつつあり。。

そう思うと。。何か。。
価値基準なんてどこにもないじゃん!(笑)

「そこに存在するだけ」で「完全」なんじゃん!(笑)

あっれ~?
じゃぁ今、、幸せなんじゃないかい?

善悪の区別を超えたところにみんな「存在している」。。

そんな不思議な感覚を感じている今の私だ。

スポンサーサイト
【2008/08/23 13:55】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
両親の浄化の後☆1
2008.08.23 10:44 Saturday
両親の浄化の後☆1

父親と母親の観念を
ラベルとして書き出して浄化して。。

それを感情として変換して
許しの浄化をして。。

最後に善悪の観念を浄化して。。

やっていて思ったこと。。

彼らの「許せない姿」は
そのまま「私の自我の許せない姿」であったな。。
ということ。。

両親に対して「許せない部分」が
多ければ多いほど
深ければ深いほど

「自分に対しても許せない部分」を
多く深く持っていたんだと
気づかされたこと^^;

結局、彼らを鏡として
「全部を許し受け入れる」
という浄化をしていかないと

「ありのままの自分」を
受け入れることは到底ムリだった
ということに遅まきながら気づいた。


私は、父親に対しても母親に対しても
「強い不満」を本当にたくさんもっていて。。^^;

それはすなわち
「自分自身に対して強い不満をいっぱい持っている」
ということの現れであったのだなと。。^^;

それだけ自分を強く自己否定していれば。。
苦しいに決まっているよね。。^^;


両親を否定しているようで
実は自分を否定していただけ。。というからくり。。

自分を許すためには
父と母を許す必要がある。。

父と母の中に見える
自分の中にある隠れた観念をみつけて
浄化していく必要があるのだ。

彼らは。。最大の浄化相手だな。。^^;
強い観念をたくさん見つけることができるから
ありがたい存在だともいえるよな。。


はじめはとても直視できないような
否定しまくっている部分もあって

「人を差別するような自分がいてはいけない!」
「私がそんなはずない!」

なんて私の自我を徹底的に否定して
その間はとても苦しかったけれど

やっぱり。。私も。。
「人を差別する人だった!」と受け入れると。。
これが楽になったのだから不思議だ^^;

身近な人の「他人は合わせ鏡」の法則によって
まだまだ直視するのは苦しいことがありながらも
少しずつ、自分を解放できている私であった。

自我との戦いは実に苦しいけれど^^;
その後はやっぱり楽になるんだよな。。(笑)

この体験を忘れないで
これからもストレスを感じたら
「自我との対面」を果たしていきたいと思った^^

こうやって繰り返し自我を探して浄化することで
きっと私の青空にも一歩一歩近づいていくのだろうから。。^^

【2008/08/23 13:54】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
母親の観念
2008.08.23 10:41 Saturday
母親の観念
今のところ思いつく
母親の観念を浄化してみた。

つくづく「他人は合わせ鏡」だと
思い知らされた。。(シーン。。)

何度やっても驚くのだから
本当に笑えるというか。。^^;

何度やっても
「恐るべし!他人は合わせ鏡」
の法則だ!(笑)


**********


1.「ラベルはがし」

①母に対して感じることをラベルにする

・母は、わがままだ。
・母は、自分が一番可愛い
・母は、子どもだ
・母は、厚かましい
・母は、気分屋だ
・母は、すぐ人に頼る
・母は、ヒステリーですぐ人に当たり迷惑だ
・母は、心配症だ
・母は、神経質だ
・母は、打たれ弱い
・母は、恩着せがましい
・母は、せこい
・母は、お金のことになると目の色が変わる
・母は、お金に汚い

②「許せない」に変換

・わがままな母は許せない!
・自分が一番可愛い母は許せない!
・子どものような母は許せない!
・厚かましい母が許せない!
・気分屋の母は許せない!
・すぐ人に頼る母は許せない!
・ヒステリーで人に当たり迷惑をかける母は許せない!
・心配症な母は許せない!
・神経質な母は許せない!
・打たれ弱い母は許せない!
・恩着せがましい母は許せない!
・せこい母は許せない!
・お金のこととなると目の色が変わる母は許せない!
・お金に汚い母は許せない!


2. 自分に置き換える

①「ラベル」を自分に置き換える

・私は、わがままだ。
・私は、自分が一番可愛い
・私は、子どもだ
・私は、厚かましい
・私は、気分屋だ
・私は、すぐ人に頼る
・私は、ヒステリーですぐ人に当たり迷惑だ
・私は、心配症だ
・私は、神経質だ
・私は、打たれ弱い
・私は、恩着せがましい
・私は、せこい
・私は、お金のことになると目の色が変わる
・私は、お金に汚い

②「許せない」を自分に変換

・わがままな自分は許せない!
・自分が一番可愛い自分は許せない!
・子どものような自分は許せない!
・厚かましい自分が許せない!
・気分屋の自分は許せない!
・すぐ人に頼る自分は許せない!
・ヒステリーで人に当たり迷惑をかける自分は許せない!
・心配症な自分は許せない!
・神経質な自分は許せない!
・打たれ弱い自分は許せない!
・恩着せがましい自分は許せない!
・せこい自分は許せない!
・お金のこととなると目の色が変わる自分は許せない!
・お金に汚い私は許せない!


3. 「善悪の観念」

①ラベルを悪いことに変換する

・わがままは悪いことだ
・自分が一番可愛いのは悪いことだ
・いつまでも子どものようであるのは悪いことだ
・厚かましいのは悪いことだ
・気分屋であることは悪いことだ
・すぐ人に頼ることは悪いことだ
・ヒステリーで人に当たり迷惑をかけることは悪いことだ
・心配症であることは悪いことだ
・神経質であることは悪いことだ
・打たれ弱いことは悪いことだ
・恩着せがましいことは悪いことだ
・せこいことは悪いことだ
・お金のこととなると目の色が変わることは悪いことだ
・お金に汚いことは悪いことだ

②ラベルを良いことに変換する

・人に合わせることは良いことだ
・自分より人に尽くせることは良いことだ
・大人のように分別のあることは良いことだ
・謙虚なことは良いことだ
・いつも穏やかなことは良いことだ
・自分のことは自分ですることは良いことだ
・自分のことは自分で解決することは良いことだ
・穏やかに自分のことは自分で解決し、人に迷惑をかけないことは良いことだ
・大胆であることは良いことだ
・おおらかであることは良いことだ
・人に見返りを求めず尽くすことは良いことだ
・お金に寛容なことは良いことだ
・お金にあまり執着のないことは良いことだ
・お金にガツガツしないことは良いことだ
【2008/08/23 13:54】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。