スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
善と悪を超えて☆2
2008.08.23 11:21 Saturday
善と悪を超えて☆2

父と母の中に
私は自分の中の「嫌な自分」を見ていた。

そして、それは「否定するものでもなく」
「ただの事実」ということに思い至ってきた。

父親は父親らしいカタチで存在し

母親は母親らしいカタチで存在し。。

それぞれに生まれ持った
自然なカタチの違いがあるだけで

ひまわりが、ただ、ひまわりとして存在いしているように。。

桔梗が、ただ、桔梗として存在しているように。。

ただそれぞれがそれぞれに
ありのままの姿が完全で
尊い存在なのだと思うようになってきた。


父のありのままの姿を受け入れ
母のありのままの姿を受け入れ。。
そして、私のありのままの姿を受け入れつつあり。。

そう思うと。。何か。。
価値基準なんてどこにもないじゃん!(笑)

「そこに存在するだけ」で「完全」なんじゃん!(笑)

あっれ~?
じゃぁ今、、幸せなんじゃないかい?

善悪の区別を超えたところにみんな「存在している」。。

そんな不思議な感覚を感じている今の私だ。

スポンサーサイト
【2008/08/23 13:55】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
両親の浄化の後☆1
2008.08.23 10:44 Saturday
両親の浄化の後☆1

父親と母親の観念を
ラベルとして書き出して浄化して。。

それを感情として変換して
許しの浄化をして。。

最後に善悪の観念を浄化して。。

やっていて思ったこと。。

彼らの「許せない姿」は
そのまま「私の自我の許せない姿」であったな。。
ということ。。

両親に対して「許せない部分」が
多ければ多いほど
深ければ深いほど

「自分に対しても許せない部分」を
多く深く持っていたんだと
気づかされたこと^^;

結局、彼らを鏡として
「全部を許し受け入れる」
という浄化をしていかないと

「ありのままの自分」を
受け入れることは到底ムリだった
ということに遅まきながら気づいた。


私は、父親に対しても母親に対しても
「強い不満」を本当にたくさんもっていて。。^^;

それはすなわち
「自分自身に対して強い不満をいっぱい持っている」
ということの現れであったのだなと。。^^;

それだけ自分を強く自己否定していれば。。
苦しいに決まっているよね。。^^;


両親を否定しているようで
実は自分を否定していただけ。。というからくり。。

自分を許すためには
父と母を許す必要がある。。

父と母の中に見える
自分の中にある隠れた観念をみつけて
浄化していく必要があるのだ。

彼らは。。最大の浄化相手だな。。^^;
強い観念をたくさん見つけることができるから
ありがたい存在だともいえるよな。。


はじめはとても直視できないような
否定しまくっている部分もあって

「人を差別するような自分がいてはいけない!」
「私がそんなはずない!」

なんて私の自我を徹底的に否定して
その間はとても苦しかったけれど

やっぱり。。私も。。
「人を差別する人だった!」と受け入れると。。
これが楽になったのだから不思議だ^^;

身近な人の「他人は合わせ鏡」の法則によって
まだまだ直視するのは苦しいことがありながらも
少しずつ、自分を解放できている私であった。

自我との戦いは実に苦しいけれど^^;
その後はやっぱり楽になるんだよな。。(笑)

この体験を忘れないで
これからもストレスを感じたら
「自我との対面」を果たしていきたいと思った^^

こうやって繰り返し自我を探して浄化することで
きっと私の青空にも一歩一歩近づいていくのだろうから。。^^

【2008/08/23 13:54】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
母親の観念
2008.08.23 10:41 Saturday
母親の観念
今のところ思いつく
母親の観念を浄化してみた。

つくづく「他人は合わせ鏡」だと
思い知らされた。。(シーン。。)

何度やっても驚くのだから
本当に笑えるというか。。^^;

何度やっても
「恐るべし!他人は合わせ鏡」
の法則だ!(笑)


**********


1.「ラベルはがし」

①母に対して感じることをラベルにする

・母は、わがままだ。
・母は、自分が一番可愛い
・母は、子どもだ
・母は、厚かましい
・母は、気分屋だ
・母は、すぐ人に頼る
・母は、ヒステリーですぐ人に当たり迷惑だ
・母は、心配症だ
・母は、神経質だ
・母は、打たれ弱い
・母は、恩着せがましい
・母は、せこい
・母は、お金のことになると目の色が変わる
・母は、お金に汚い

②「許せない」に変換

・わがままな母は許せない!
・自分が一番可愛い母は許せない!
・子どものような母は許せない!
・厚かましい母が許せない!
・気分屋の母は許せない!
・すぐ人に頼る母は許せない!
・ヒステリーで人に当たり迷惑をかける母は許せない!
・心配症な母は許せない!
・神経質な母は許せない!
・打たれ弱い母は許せない!
・恩着せがましい母は許せない!
・せこい母は許せない!
・お金のこととなると目の色が変わる母は許せない!
・お金に汚い母は許せない!


2. 自分に置き換える

①「ラベル」を自分に置き換える

・私は、わがままだ。
・私は、自分が一番可愛い
・私は、子どもだ
・私は、厚かましい
・私は、気分屋だ
・私は、すぐ人に頼る
・私は、ヒステリーですぐ人に当たり迷惑だ
・私は、心配症だ
・私は、神経質だ
・私は、打たれ弱い
・私は、恩着せがましい
・私は、せこい
・私は、お金のことになると目の色が変わる
・私は、お金に汚い

②「許せない」を自分に変換

・わがままな自分は許せない!
・自分が一番可愛い自分は許せない!
・子どものような自分は許せない!
・厚かましい自分が許せない!
・気分屋の自分は許せない!
・すぐ人に頼る自分は許せない!
・ヒステリーで人に当たり迷惑をかける自分は許せない!
・心配症な自分は許せない!
・神経質な自分は許せない!
・打たれ弱い自分は許せない!
・恩着せがましい自分は許せない!
・せこい自分は許せない!
・お金のこととなると目の色が変わる自分は許せない!
・お金に汚い私は許せない!


3. 「善悪の観念」

①ラベルを悪いことに変換する

・わがままは悪いことだ
・自分が一番可愛いのは悪いことだ
・いつまでも子どものようであるのは悪いことだ
・厚かましいのは悪いことだ
・気分屋であることは悪いことだ
・すぐ人に頼ることは悪いことだ
・ヒステリーで人に当たり迷惑をかけることは悪いことだ
・心配症であることは悪いことだ
・神経質であることは悪いことだ
・打たれ弱いことは悪いことだ
・恩着せがましいことは悪いことだ
・せこいことは悪いことだ
・お金のこととなると目の色が変わることは悪いことだ
・お金に汚いことは悪いことだ

②ラベルを良いことに変換する

・人に合わせることは良いことだ
・自分より人に尽くせることは良いことだ
・大人のように分別のあることは良いことだ
・謙虚なことは良いことだ
・いつも穏やかなことは良いことだ
・自分のことは自分ですることは良いことだ
・自分のことは自分で解決することは良いことだ
・穏やかに自分のことは自分で解決し、人に迷惑をかけないことは良いことだ
・大胆であることは良いことだ
・おおらかであることは良いことだ
・人に見返りを求めず尽くすことは良いことだ
・お金に寛容なことは良いことだ
・お金にあまり執着のないことは良いことだ
・お金にガツガツしないことは良いことだ
【2008/08/23 13:54】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白か黒か。。
2008.08.19 07:55 Tuesday
白か黒か。。

無意識の観念なので今まであまり
意識したことはなかったのだが

どうも私の観念には
「シロかクロか」という部分が多いように思う。

「人のことは全然きにしないでいるべきだ!」とか
(→対人恐怖のもとに。。^^;)

「体調はいつも完全に好調であるべきだ!」とか。。
(→昔でいう普通神経症のもとに。。^^;)

「不安はひとつも持つべきではない!」とか。。
(→パニック障害のもとに。。^^;)

これって。。とどのつまり
「完璧主義」ってことなのかな?^^;

でもこの世界に一方だけが存在する
「完全」なんてないような。。^^;

白もあって黒もある。。
だから完全な世界。。

「白の世界」だけを求めず
「黒の世界」だけを排除せず。。

どちらの世界の自我ちゃんも
同じように同時に認めて
自我を否定せずに受け入れて生きていく。。

そんな色彩の世界を
私の新たな自我は
「グレーの世界で生きるってことかな。。?」
って感じている。

「グレー!」「灰色!」(笑)

そんな曖昧な世界を受け入れられるとは
今までの私の自我では考えられなかったけれど。。^^;

何だか最近それを受け入れられるようになってきた(;ー;)

前よりまた少し楽になれて本当に嬉しいです!


「ありのままの自我」を全部受け止めて許していくこと。。

この作業をコツコツと続けていくために。。

観念探しがあり、
(無意識にある「ありのままの自我」を探す。。)

浄化ワークがあるのかと。。
(そしてその「自我」の持つ観念を手放して受け入れる。。)

今ごろとても感心している私の自我ちゃんです(笑)

【2008/08/19 13:53】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
母親とのひとこま
2008.08.18 14:56 Monday
母親とのヒトコマ

最近母がずっと療養中なので
なんとなく「母の観念」を
浄化することをためらっていた私の自我。

そこには
「相手の悪口を言ったら
 相手に悪いことがおこる!」

という私の自我の思い込みが
あったからのようだ。。^^;

そこでこちらの観念を浄化する。。


そして日々母からの電話で
彼女の愚痴を聞かされていた私の自我。。

余裕のあるときは
彼女にも優しく接することができていたのだが

PMSの時期に入り
自分の調子も下降してくると。。
私の自我たちの動きも活発化してきた^^;

そして今日も電話が来て
私の自我のイライラがピークに達していたので
ちょっと母親に攻撃的に話してしまったようで

「あなたは私のカウンセラーでしょ。。」

という彼女の一言に切れてしまった^^;

とりあえずその場は
母親に直接怒りはぶつけたくないので
ぎこちないながらも話を続けて切ったのだが。。


「あなたは私のカウンセラーなんだから
 いつも優しく温かく私の愚痴を聞くべきだ!」

という彼女の押し付けがましい
無意識からの気持ちを
私の自我はちゃんと感じとってしまったようだ^^;

そして私の自我の中にも同じ気持ちを
感じている自我が居ることにも気づき。。

「彼女は病人なのに優しくできなかった自分が情けない」

という自我ちゃんとともに
なにやら、腹立たしいやら、落ち込むやらで
とってもイライラしてきたので

これは母親の観念も一緒に浄化のやりどきだと思い
母親の観念も出してみることにした。
(こちらは次回に。。)


*******


とりあえず今日の観念。。^^;

・相手の悪口を言うべきではない!
・相手の悪口を言うことは悪いことだ。
・相手を褒めることは良いことだ。
・相手を悪く思う自分を許せない!


・相手が弱っているときはいつも相手に優しく接するべきだ!
・相手が弱っているのに優しく接することができない自分は許せない!
・弱っている人に常に優しく接することができることは良いことだ。
・弱っている人に冷たく当たることは悪いことだ。


今日の場合、
母親も弱っていて。。
私も弱っていて。。^^;

母親に対して怒りが。。
(弱った私の自我に優しくしてよ!)

自分に対して自己否定が
(母は弱ってるのに優しくできなかった。。泣)

という複数の自我が
同時に反応して暴れていた。。
ということかな。。^^;

とにかくここまで内観できて
ちょっと心が落ち着いてきたので
ゆっくり浄化してみます^^

あ~^^;
自我ちゃんたちの活動で
イライラして苦しかった!(笑)
【2008/08/18 13:53】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「面倒くさい」の中に入る
2008.08.03 12:47 Sunday
「面倒くさい」の中に入る
私の中には
「面倒くさいことが大嫌い!」
という自我もいるが

この自我くんは私の自我の中でも
大層な暴れん坊だ(笑)

・面倒くさいことは悪い
・易しいことは良い
・面倒くさいことは絶対嫌だ!!
・面倒くさいことは絶対したくない!
・面倒くさいことをしない自分は許せない!

・面倒くさいことは時間の損だ
・時間が損なことは悪い
・時間が早いことは良い
・時間を損するべきではない!
・時間を損する自分が許せない!

・早いことは良い
・遅いことは悪い


これも、暑くて不快だから
母の食事の準備を
とても面倒くさがり

心から嫌がる自我さんがいたので(笑)

ちょっと「面倒くさい」という
状態になりきってみて

何故、面倒くさいことが嫌なのか。。
と感じてみて。。

何となく導き出した観念だ。

夏は私の自我が
大騒ぎする時期なので

蝉とりならぬ。。自我ちゃんとり。。に
忙しくなりそうな感じだな。。^^;
【2008/08/03 13:52】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
父とのやりとり
2008.08.01 12:01 Friday
父とのやりとり

今、母は静養中なので

私もできる範囲で看病しようと
実家に帰っている。

今日も朝からいろんな買出しに出かけ。。
昼前に帰ってきた。

そして父はそれから近所の
スーパーへ自分の食べ物の買出しに
出かけるということで

「コロッケがあったら買ってきて」

と頼んでみた。


帰ってきてコロッケがなかったので
「コロッケなかったん?」というと

「あったけどそんなの買ってこんかった。
 人の事なんか知るか!
 自分の食べ物を買うんで精一杯じゃ!」

と言っていた。

私の自我は
「人って。。私、母のために看病に来てて
 君のお使いだってすることあるのに
 よくそんなこと言えるよね。。」
と怒っていたが

「善悪の観念」を思い出し

「父の言動に良いも悪いもない。
 別に気に病むこともない。。
 私はただ私であるだけ。。」

と前より冷静に対処することができた。

心が必要以上に揺さぶられないというか。。
別にだから、どうだ、、という感じでもなく。。

これも、今、「父の観念」を
浄化しているからだろうな。。
と感じる出来事だった。

これからもマイペースで
浄化を続けるぞ^^
【2008/08/01 13:51】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。