スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
生きていればこそ☆3
2008.07.17 20:00 Thursday
生きていればこそ。。3
そこにはこう書かれていました。

「たとえ身内であろうとも
 その人の病気はその人のさだめ
   
 かわってあげられないことを
 背負い込む必要はないと思います。
   
 見守ってあげましょう」


「そうか!あまりにも近すぎて
 自分と同一視していたけれど
 母親も一人の人間。。
 私とは違う個体なんだ。。!

 変われないことを嘆くより
 縁あって親子という肉親に生まれた
 一人の人間の仲間として
 できる範囲で彼女を見守っていこう。」

そんな風に
彼女との心の距離を
少しとることができたのです。

そうするとパニック寸前でしたが
大きな発作になる前に
防ぐことができました。


多分私はこのとき
「彼女の死の恐怖」というものを
本能的に多少受け入れることが
できたのだと思うのです。。

「人はみな必ず死んでいくんや。。」
と前より少し静かに考えられる
私の自我の姿がありました。


そして心のストレスが
多少整頓されたためか

その翌日は
入院の準備なども
することができたのです。


そこからは本当に無我夢中で
検査結果を聞いた日の翌翌日に入院。。
5日後に手術。。術後の付き添い。。

などなど怒涛の日々が続きました。

これからも薬の投与などが始まり
気長な治療生活が続きますが
とりあえずは一山越えたかんじです。


*******


こんな感じで日々を過ごしてきて
今感じるのは

「恐怖を手放すことの大切さ」

ということです。

「母を失う恐怖」に直面し
辛くてもある程度自分の中で消化できると
心がとても解放されるのを感じたからです。

あの「死の恐怖」と直面することを
避けていたら。。

きっとその後無我夢中で看病できた
私はいなかったと思います。


そしてもうひとつはやっぱり

「今日一日を大切に生きる」

ということでしょうか。。

あたり前ですが
昨日亡くられた方は
今日は生きられないわけで。。

そう思うと
今日一日を大切に生きずには
居られなくなってきた私です。。

(またつづく。。)

スポンサーサイト
【2008/07/17 13:47】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
生きていればこそ☆2
2008.07.17 19:52 Thursday
生きていればこそ。。2
そして
母が病気になったことで
どうしても考えずにはいられない
事柄が浮上してきました。

それは
「人は誰しもいつかは必ず死んでいく。。」

という事実です。

近しい身内の死の可能性について
今までとくに考えたことのなかった私。。

それが何やかんや言っても
大好きで娘のような母親のこと。。

母が苦しむたびに
私の胸まで同じように痛み
できれば変わってあげたいほど。。;-;


そんな日々の中
「母親の死」という可能性を
初めて突きつけられたとき
私の自我はとても強く動揺しました。

「母親が死んだらどうしよう!」

「母親が死んだら悲しすぎて
 私も生きていけない!」


大好きな母親を
失うかもしれない恐怖。。

それは
「彼女がかわいそうだ。。」と
心痛めること以上に
私の自我を苦しめました。

そして実家では泣けないので
旦那さんに電話で話しては
数日泣き続け。。

そして検査から5日ほどたって
入院、手術と決まって帰った夜。。
自身もがんばりすぎて
体も弱っていたのでしょう。

持病のパニックの症状が
出そうになってきたのです。

「これから入院の準備もあるのに!
 私がここで発作を出してどうする!
 母はそれどころではないだろうに。。」

思えば思うほど眠れなくなり。。
自身の思いをブログに
打ち明けることにしました。

そしてそこで数年親しくしていたお友達の
何気ないコメントに出会ったのです。

(つづく。。)
【2008/07/17 13:47】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
生きていればこそ。。
2008.07.17 19:47 Thursday
生きていればこそ。。
お久しぶりです。。^^

ちょいと母親の病気関係で
しばらく浄化ワークから
遠ざかっていました。

今も渦中にいますが
少し時間ができてきたので
ぼつぼつと浄化ワークも
また始めたいと思います。

*****

詳細は端折りますが
今回の母の病気で
私も家族も色んなことを
学んだと思います。

私が学んだ中でも
一番感慨深かったことが

「生きていればこそ。。」

ということです。

生きていればこそ
自我という乗り物で
喜怒哀楽も味わうことができる。

生きていればこそ
自我という思考で
いろいろ考えることもできる。

生きていればこそ
色んな経験ができる。。

そのことにまずはたくさん
感謝して生きたいと思いました。

【2008/07/17 13:46】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。