スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
父親の観念
2008.07.25 15:18 Friday
父の観念<全体像>
「父」の観念浄化へ
少しずつ手をつけていこうと思う。


<全体像>

1.「ラベルはがし」
  

①父に対して感じることをラベルにする

・父は、ヤクザのように威張っている
・父は、口が悪い
・父は、私に命令ばかりする
・父は、嫌味ばかり言う
・父は、大声で怒鳴る
・父は、自分の好きに振舞まい、私の都合は一切考えない
・父は、有無を言わさずに私を支配する
・父は、自分のストレスを私(家族)に怒鳴ることで発散する
・父は、子どもようにわがままなだ
・父は、自分の意見はどんな不条理なことも必ず通す
・父は、すぐに切れてかんしゃくを起こす
・父は、私をバカにすることを山ほどいう
・父は、自分がいやなことは無視する
・父は、いやなことは私(家族)に任せようとする
・父は、独裁者だ
・父は、いちいち小さいことにうるさい
・父は、神経質で私にそれを強要する
・父は、劣等感が強く、私を否定することで自分を満足させる
・父は、お金をたてに私を支配し続けた
・父は、弱者に強く、強者に弱い


②ラベルを「許せない」という「感情」に変換する

・ヤクザのように威張っている父は許せない!
・口が悪い父は許せない!
・私に命令ばかりする父は許せない!
・嫌味ばかり言う父は許せない!
・大声で怒鳴る父は許せない!
・自分の好きに振舞って、私の都合を一切考えない父が許せない!
・有無を言わさず私を支配する父は許せない!
・自分のストレスを私(家族)に怒鳴ることで発散する父は許せない!
・子どもようにわがままな父は許せない!
・自分の意見はどんな不条理なことも必ず通す父は許せない!
・すぐに切れてかんしゃくを起こす父は許せない!
・私をバカにすることを山ほどいう父は許せない!
・自分がいやなことは無視する父は許せない!
・いやなことは私に任せようとする父は許せない!
・独裁者な父は許せない!
・いちいち小さいことにうるさい父は許せない!
・神経質で私にそれを強要する父は許せない!
・劣等感が強く、私を否定することで自分を満足させる父は許せない!
・お金をたてに私を支配し続けた父は許せない!
・弱者に強く、強者に弱い父は許せない!


2.「自分に置き換える」


①前に出した「ラベル」を「自分」に置き換える

・私は、ヤクザのように威張っている
・私は、口が悪い
・私は、人に命令ばかりする
・私は、嫌味ばかり言う
・私は、大声で怒鳴る
・私は、自分の好きに振舞まい、相手の都合を一切考えない
・私は、有無を言わさず人を支配する
・私は、自分のストレスを相手に怒鳴ることで発散する
・私は、子どもようにわがままなだ
・私は、自分の意見はどんな不条理なことも必ず通す
・私は、すぐに切れてかんしゃくを起こす
・私は、人をバカにすることを山ほどいう
・私は、自分がいやなことは無視する
・私は、自分がいやなことは相手に任せようとする
・私は、独裁者だ
・私は、いちいち小さいことにうるさい
・私は、神経質で人にそれを強要する
・私は、劣等感が強く、人をを否定することで自分を満足させる
・私は、お金をたてに人をを支配し続ける
・私は、弱者に強く、強者に弱い


②自分を「許せない」という「感情」に変換する

・ヤクザのように威張っている自分は許せない!
・口が悪い自分は許せない!
・人に命令ばかりする自分は許せない!
・嫌味ばかり言う自分は許せない!
・大声で怒鳴る自分は許せない!
・自分の好きに振舞い、相手の都合を一切考えない自分は許せない!
・有無を言わさず人を支配する自分は許せない!
・自分のストレスを相手に怒鳴ることで発散する自分は許せない!
・子どもようにわがままな人は自分せない!
・自分の意見はどんな不条理なことも必ず通す自分は許せない!
・すぐに切れてかんしゃくを起こす自分は許せない!
・人をバカにすることを山ほどいう自分は許せない!
・自分がいやなことは無視する自分は許せない!
・自分がいやなことは相手に任せようとする自分は許せない!
・独裁者な自分は許せない!
・いちいち小さいことにうるさい自分は許せない!
・神経質で人にそれを強要する自分は許せない!
・劣等感が強く、人をを否定することで自分を満足させる自分は許せない!
・お金をたてに人をを支配し続ける自分は許せない!
・弱者に強く、強者に弱い自分は許せない!


3.「善悪の観念」


① 「ラベル」を「悪いこと」に変換する

・ヤクザのように威張ることは、悪だ
・口が悪いことは、悪だ
・人に命令ばかりすることは、悪だ
・嫌味ばかり言うことは、悪だ
・大声で怒鳴ることは、悪だ
・自分の好きに振舞まうことは 悪だ
・人の都合を一切考えないことは、悪だ
・有無を言わさずに人をを支配することは、悪だ
・自分のストレスを人に怒鳴ることで発散することは、悪だ
・子どもようにわがままなことは、悪だ
・自分の意見はどんな不条理なことも必ず通すことは、悪だ
・すぐに切れてかんしゃくを起こすことは 悪だ
・人をバカにすることを山ほどいうのは 悪だ
・自分がいやなことを無視することは 悪だ
・いやなことは人に任せようとすることは 悪だ
・独裁者は 悪だ
・いちいち小さいことにうるさいことは 悪だ
・神経質で人にそれを強要することは 悪だ
・劣等感が強く、人を否定することで自分を満足させることは 悪だ
・お金をたてに人を支配し続けることは 悪だ
・弱者に強く、強者に弱いことは 悪だ


②ラベルの反対の言葉を「良いこと」に変換する

・人に尽くすことは 良いことだ
・人を褒めることは 良いことだ
・人に優しく接することは 良いことだ
・相手に合わせて振舞うことは 良いことだ
・相手の都合を考えることは 良いことだ
・相手の言い分を聞いて相手に合わせることは良いことだ
・大人のように自制心があることは 良いことだ
・相手の意見はどんなことでも通すことは 良いことだ
・とても忍耐強いことは 良いことだ
・人をたくさん褒めることは 良いことだ
・いやなことでも自分から進んですることは 良いことだ
・民主主義者は 良い
・おおらかに人に接することは 良いことだ
・神経質でも人にそれを強要しないことは 良いことだ
・劣等感が強くても、人を否定することで自分を満足させないことは 良いことだ
・お金で人を支配しないことは 良いことだ
・弱者に優しく、強者に強いことは 良いことだ


やっぱり「ステップ2」の
「自分に置き換える」。。が
ショッキング。。(大汗)

少しずつ父や自分と向き合ってみます^^;

スポンサーサイト
【2008/07/25 13:50】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クーラーについて
2008.07.20 22:58 Sunday
クーラーについて
私の両親はとても暑さに強くて
私が病気になって
一緒に住むようになってからの
10年間ほど。。
(20代半ばから30代半ば)

特に前半の5年間ほどは
クーラーを使うことに対して

「電気代ももったいない!」

「軟弱ものだ!」

「我慢が足りない!」

「お金も稼いでない
 家族に迷惑ばかりかけるやっかい者なのに
 その上贅沢にもお金を無駄遣いするとは何事か!」

という感じで
主に父親の圧力がとても強く

その観念の罪悪感で
一番ひどかったウツのときは
私は死にかけたほどだった。
(それ以来10年間通院してますが。。汗)

(ワタクシただ今
 「インナーマリッジ・観念リスト」
  3-2 両親 のところで
  長いこと止まっております。。^^;

 こちらで追々過去などは
 きっちりと振り返り向き合って
 いきたいと思います。汗)


そんなトラウマがあってか
いまだに夏になると
色んなストレスが出てくるので
 
今日はクーラーにある観念を
書き出して浄化していきたいと思う。


*****

○朝からクーラーをつけている人は軟弱者だ
○朝からクーラーをつけていると近所の人に軽蔑される
○朝からクーラーをつけていると近所の人にバカにされる
○一日中クーラーをつけていると室外機の音で
 近所の人の迷惑になり軽蔑される

(結局。。
 「人にどう思われるか?」ということが
 非常に気になりストレスになってくるんだな。。)

○近所の人に軽蔑されることはいやだ
○近所の人に軽蔑されることは悪いことだ
○近所の人に尊敬されることは良いことだ
(近所の人に軽蔑される自分を許します!)

○朝からクーラーをつけるべきではない
○朝からクーラーをつけることは悪いことだ
○朝からクーラーをつけないことは良いことだ
○朝からクーラーをつける自分が許せない
(朝からクーラーをつける自分を許します!)

○近所の人の迷惑になるべきではない!
○近所の人の迷惑になるのは悪いことだ
○近所の人の役に立つのは良いことだ
(近所の人の迷惑になる自分を許します!)

○軟弱な自分であるべきではない
○軟弱なのは悪いことだ
○我慢強いのは良いことだ
○軟弱な自分は許せない!
(軟弱な自分を許します)

【2008/07/20 13:49】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
生きていればこそ☆5
2008.07.18 14:07 Friday
生きていればこそ。。5

そのつかの間感じた
「空っぽの心」を
言葉にして表現しようとすると。。

この前の騒動で
「最後には恐怖を受け入れ
 覚悟することが楽になれる道。。」
とわかった状態と似ている気がする。。

これって「無心」というか
「軸がぶれない」状態だったから。。^^;

頭が止まっていて
自然に体が動いているというか。。

本当に川を流れる葉っぱのように
心穏やかに流れる感じ。。

外で起こっている状況に対して
何にも考えないから。。


「思考が止まっている状態」

この状態をうまくは
説明できないけれど
きっと「本当の言葉のない自分」で
あるときなんだろうなと思った。

思考のない世界だから
今の私の自我では
表現のしようもないというか。。

ただしいていえば
何も考えてなくて。。
物事が車窓から流れていくのを
見ているような感覚か。。

ただ。。遠くから見てるって感じ。。
が一番近いかもしれない。


そもそも考えてるのは
「自我」なんだから

考えてない「本当の自分」は
無色透明の存在で。。
すべてとつながってる感じがする。。

神様の手足となって
体を勝手に使われている感じ。。^^;

だから、そこに「自己」が存在しなくて

「人事のように自分のしてること、
 起こってくることを眺めながら
 ひとつひとつ淡々と対処している感じ」
かな。。


これが「私の青空」
「穏やかでまっさらの青空」
の一部なのかもしれないな。。

そこは言葉のない世界。
あるのは。。
静寂と。。感覚と。。

神様とつながっていて
全部とつながっていて
自分が全体の一部なんだろう
って感覚。。


そんな状態がリラックスできて
居心地よかったので

これからも「空っぽの状態」に
近づけるように
浄化ワークをコツコツ続けていって

心穏やかに日々を大切に
暮らしたい僕でした。


長々と読んでくださった方が
いらっしゃったら。。

本当にありがとうございました^^

おしまい。。

【2008/07/18 13:49】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
生きていればこそ☆4
2008.07.18 14:04 Friday
生きていればこそ。。4

そして今回「命」というものの
尊さを身近で感じたからか

日々の生活の中にも
「愛」をよく感じるようになった。


たとえば「恥をかく」という体験も
「生きている」からできること。。

そう思うとどんな体験も
感謝して味わいたくなったというか。。

そしたら私の自我の動きも
可愛く思えてきて
前より抱きしめながら
生きられるような気がした。


「どんな険しい顔をしている人も 
 どんないじわるな人も。。

 そんなことには関係なく
 みんな一生懸命、生きている。。

 与えられた命の時間を
 必死で体験し、生き抜いているんだな。。

 本当にすごいことだし
 この世に存在するすべての物質に対して
 尊敬の念を持つ。。

 草だって、お花だって
 家だって、車だって。。
 小鳥さんだって
 もちろん人間だって。。

 みんなみんな地球の仲間なんだもんな。。」

こんなことを感じる
私の自我さんも生まれてきた。


そして、なぜか最近感じるのが

「無の心」
の時間を持つことの大切さ。。

一日のうち数分でいいから

「空白の時間」
「何も考えない時間」
「無心の時間」

を持とうとすることが
何だか気持ちいい気がしたので。。


今回の経験があって
多分日々、あまりにも
いろんな私の自我さんが考えてて

(将来に対する不安もあれば
過去に対するあれこれもあって。。)

それにちょっと疲れてしまって
思いついたのかもしれないけれど。。


色んな思考が
一切止まっている時間。。
きっと本来の自分と
同化している時間。。

そんな時間を
最近お風呂で数分体験してみて

なんだかとってもリフレッシュされた
感じでとても気持ちよかった私だ^^
【2008/07/18 13:48】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
生きていればこそ☆3
2008.07.17 20:00 Thursday
生きていればこそ。。3
そこにはこう書かれていました。

「たとえ身内であろうとも
 その人の病気はその人のさだめ
   
 かわってあげられないことを
 背負い込む必要はないと思います。
   
 見守ってあげましょう」


「そうか!あまりにも近すぎて
 自分と同一視していたけれど
 母親も一人の人間。。
 私とは違う個体なんだ。。!

 変われないことを嘆くより
 縁あって親子という肉親に生まれた
 一人の人間の仲間として
 できる範囲で彼女を見守っていこう。」

そんな風に
彼女との心の距離を
少しとることができたのです。

そうするとパニック寸前でしたが
大きな発作になる前に
防ぐことができました。


多分私はこのとき
「彼女の死の恐怖」というものを
本能的に多少受け入れることが
できたのだと思うのです。。

「人はみな必ず死んでいくんや。。」
と前より少し静かに考えられる
私の自我の姿がありました。


そして心のストレスが
多少整頓されたためか

その翌日は
入院の準備なども
することができたのです。


そこからは本当に無我夢中で
検査結果を聞いた日の翌翌日に入院。。
5日後に手術。。術後の付き添い。。

などなど怒涛の日々が続きました。

これからも薬の投与などが始まり
気長な治療生活が続きますが
とりあえずは一山越えたかんじです。


*******


こんな感じで日々を過ごしてきて
今感じるのは

「恐怖を手放すことの大切さ」

ということです。

「母を失う恐怖」に直面し
辛くてもある程度自分の中で消化できると
心がとても解放されるのを感じたからです。

あの「死の恐怖」と直面することを
避けていたら。。

きっとその後無我夢中で看病できた
私はいなかったと思います。


そしてもうひとつはやっぱり

「今日一日を大切に生きる」

ということでしょうか。。

あたり前ですが
昨日亡くられた方は
今日は生きられないわけで。。

そう思うと
今日一日を大切に生きずには
居られなくなってきた私です。。

(またつづく。。)

【2008/07/17 13:47】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
生きていればこそ☆2
2008.07.17 19:52 Thursday
生きていればこそ。。2
そして
母が病気になったことで
どうしても考えずにはいられない
事柄が浮上してきました。

それは
「人は誰しもいつかは必ず死んでいく。。」

という事実です。

近しい身内の死の可能性について
今までとくに考えたことのなかった私。。

それが何やかんや言っても
大好きで娘のような母親のこと。。

母が苦しむたびに
私の胸まで同じように痛み
できれば変わってあげたいほど。。;-;


そんな日々の中
「母親の死」という可能性を
初めて突きつけられたとき
私の自我はとても強く動揺しました。

「母親が死んだらどうしよう!」

「母親が死んだら悲しすぎて
 私も生きていけない!」


大好きな母親を
失うかもしれない恐怖。。

それは
「彼女がかわいそうだ。。」と
心痛めること以上に
私の自我を苦しめました。

そして実家では泣けないので
旦那さんに電話で話しては
数日泣き続け。。

そして検査から5日ほどたって
入院、手術と決まって帰った夜。。
自身もがんばりすぎて
体も弱っていたのでしょう。

持病のパニックの症状が
出そうになってきたのです。

「これから入院の準備もあるのに!
 私がここで発作を出してどうする!
 母はそれどころではないだろうに。。」

思えば思うほど眠れなくなり。。
自身の思いをブログに
打ち明けることにしました。

そしてそこで数年親しくしていたお友達の
何気ないコメントに出会ったのです。

(つづく。。)
【2008/07/17 13:47】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
生きていればこそ。。
2008.07.17 19:47 Thursday
生きていればこそ。。
お久しぶりです。。^^

ちょいと母親の病気関係で
しばらく浄化ワークから
遠ざかっていました。

今も渦中にいますが
少し時間ができてきたので
ぼつぼつと浄化ワークも
また始めたいと思います。

*****

詳細は端折りますが
今回の母の病気で
私も家族も色んなことを
学んだと思います。

私が学んだ中でも
一番感慨深かったことが

「生きていればこそ。。」

ということです。

生きていればこそ
自我という乗り物で
喜怒哀楽も味わうことができる。

生きていればこそ
自我という思考で
いろいろ考えることもできる。

生きていればこそ
色んな経験ができる。。

そのことにまずはたくさん
感謝して生きたいと思いました。

【2008/07/17 13:46】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「不快」の中に入る
2008.08.03 12:37 Sunday
「不快」の中に入る
私の場合
夏にストレスが多くなるのは

「不快な状態でいるのは嫌!」
というとても強い観念が
あることが分かった。

夏は
体も暑さで不快。。
心も暑さでイライラして不快。。

という感じで心身ともに
不快な時間が増えるから。。

「不快な自分を拒否し続ける」
という無意識の状態によって

心身ともにますます
イライラして弱っていく。。
というシステム。。(笑)


「拒否する心、抵抗し続ける心」は
無尽蔵にストレスを生み続ける。。

これでは毎年暑さとストレスで
僕も弱りまくることでしょうよ。。^^;
(私はこれからの季節、
 よく入院します。笑)

しかも「絶対に!不快はいや!!」
ってずっと思い続けてるんだから

エネルギーの消耗が激しいのも
よくうなずけるかもだ。。^^;

よってこの夏は日々
「不快」の観念を浄化しよう。


・不快は悪い
・快適は良い
・不快で居ることは悪いことだ!
・不快であるべきではない!
・不快な自分が許せない!

・少しでも不快だったら嫌だ!!
・少しでも不快なことは悪い
・いつも快適なことは良い
・少しでも不快であるべきではない
・少しでも不快である自分が許せない!

(不快は不調にも置き換えられます^^;)

【2008/07/03 13:51】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。