スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
まったりな休日に思う
2008.04.13 16:14 Sunday
まったりな休日に思う。。

最近文句タラタラだった
両親への認識が

「不満、憎しみ」から
「感謝、大好き」という
感情へ意識がシフトしてきたところ

「陰と陽」という部分について
とても考えるようになってきた。

陰の父が居なければ
陽の父にも出会えず

陰の母が居なければ
陽の母に出会うことも
できなかった。。

そう考えると本当にこの世は
「二つで一つ」の側面によって
出来ていて

二つで一つなんだから
本当に良いも悪いもなくて
ただ、それだけのことなのか。。
と感じ始めたのだ。
(ちょっと感じ優先でしゃべってます^^;)


私は愛を感じることが好きだから
そのためには憎しみも必要で。。

愛を味わえるなら
憎しみもまた愛と同じように
尊い経験なのかな。。と。

温かい気持ちを味わうために
冷たい気持ちがあり

冷たい気持ちのお陰で
温かい気持ちの有難さを味わえる。

なんかそんな風に出来ている
この世界に 良いも悪いもなく
ただ そうなっているのか。。
と言った感じ。。(笑)

不快があるから 快がある。。
不快がなかったら 快もない。。

そんなこの世の仕組み、理に
少し納得したという感じか。。


私はいわゆる「陰」という
「不快、痛み、苦しみ、悲しみ」
というものが
本当に嫌で大嫌いだったのだが

これらがあるお陰で
「快、心地よさ、楽しみ、喜び」
というものが
味わえるのなら

「陰の部分もそう毛嫌いする
必要もないかな。。」
と思い始めた。

そう思ったら
「痛みや苦しみ」を極端に恐れて
不安でパニックになることも
少なくなるような気がしたから。


陰を受け入れ味わう覚悟をして
陽の自分を味わいたい。。

やみくもに「陰」の感情に振り回されず
「陰のお陰の陽」として陰を捉えて

前よりは進んで痛みや苦しみと
仲良く同居できるように。。

本当は嫌だけど(笑)
世の中がそうゆう風に出来ているのなら
四の五の言ってもしょうがないので

「陰ちゃんを味わうことを
前より大切に味わえたら。。」
なんて思ったりしながら

田舎の実家でのんびりと
観葉植物のサンスベリアちゃんたちを
鉢たちに植え替えしていた私であった。。

スポンサーサイト
【2008/04/13 22:03】 |  テイクオフコース日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。