スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
6 怒りの炎

最近私は
「人として、こうあるべし」という
強い理想を
自分が持っていることに気付いた。

「人としてこうありたい」という強い思い。

それはその「ルール」に違反する人たちへ
「強い裁きの心」「強い怒りの心」を
生んでいるという事実に
やっと気付いたのだ。

一見、良さそうな思いに
大きなからくりが隠されている。

疑問にも思わないから
意識の上にももちろん浮かんでこない。

「無意識の意識化」が
少しずつであるが現れてくると
ちょっと嬉しい私であった。

******

<私の中のルール>

(私は「人として」という
 道徳的ルールに強い思いがあるようなので
 「私」の部分を「人」に変えても
 十分な威力を感じた)

・私(人)に指図してはいけない
・私(人)を裏切ってはいけない
・私(人)を嫌ってはいけない
・私(人)を見下してはいけない
・私(人)をいじめてはいけない

これに、善悪と許しの浄化をする。

私のトコトコ旅は、、
こうやって気長に続いてゆく。。
スポンサーサイト
【2009/08/13 21:52】 |  観念リストノート | コメント(0) | page top↑
2-6 結婚
・寝室を一緒にすることが嫌だ
・母親になる自信がない
・子どもを育てる自信がない
・子どもを作らなければけない
・老後が心配だ

*********

・寝室を一緒にしなければいけない
・寝室を一緒にすることは良い
・寝室を別にすることは悪い
・寝室を別にする自分が許せない

・母親になるべきだ
・母親にならないことは悪い
・母親になることは良い
・母親にならない自分が許せない

・子どもを育てるべきだ
・子どもを育てることは良い
・子どもを育てないことは悪い
・子どもを育てない自分は許せない

・子どもを作るべきだ
・子どもを作らない自分は悪い
・子どもを作ることは良い
・子どものいない自分は許せない

・老後が心配だ
・老後が心配なことは悪い
・老後が安心なことは良い
・老後が心配な自分が嫌だ
・老後が心配な自分が許せない

・自信があることは良い
・自信がないことは悪い

********

結婚。。というテーマには
本当にたくさんの観念が
あふれていると思う。

私の場合
子どもがいないことが
気になってるんだな。。(^▽^;)

子どもがいないから
老後も心配と。。(爆)


人生、なるようになりますから!(笑)

未来のことを考えて
今をおろそかにすることの方が
よっぽど幸せを逃してまっせ!

先のことは神さまにお任せして
良い悪いなんて一つもない
一つ一つの体験をかみ締めながら

川に浮く葉っぱさんのように
今日も流れていきましょう~(^ε^)♪

********
すべての答えは、自分の中に眠っている
「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース



【2009/04/27 09:30】 |  観念リストノート | コメント(0) | page top↑
2-6 恋愛・結婚・セックス
<恋愛>

・私はきっと理解されない
・本当の自分を見せたら嫌われる
・本当の自分を出してはいけない
・自分で自分を愛せない

******

・私は理解されなければならない
・理解されないことは悪い
・理解されることは良い
・理解されない自分が許せない

・本当の自分を見せて嫌われてはいけない
・嫌われることは悪い
・好かれることは良い
・嫌われる自分が許せない
・本当の自分を出すべきではない

・自分で自分を愛すべきだ
・自分を愛せないことは悪いことだ
・自分を愛せることは良いことだ
・自分で自分を愛せない自分は許せない

*******

善悪の観念に置き換えると
やっぱり隠れた観念を見つけて
無意識の観念を意識化できる。。

本当に色んなことを
「区別して」
そのルールを守れない自分を
自分で責めてるんだな。。

自我ちゃんって。。
結構大変だな。。σ(^_^;)

これからも
トコトコ地道に心のお掃除だ~o(^▽^)o

********
すべての答えは、自分の中に眠っている
「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース


【2009/04/19 09:07】 |  観念リストノート | コメント(0) | page top↑
2-5 仕事
はっきり言って
私は一般的な仕事に向いていない。

若い頃は
「仕事ができて一人前!」みたいに
思っていて

「時間に制約のあること」が
大の苦手だった私にとっては
つらい時期が続いた。

結局、体調を壊して
長いこと働くことはできなかったが

「社会で働けない自分」に対して
それは大きなコンプレックスを
持っていた。

それこそ今は旦那さんに
養ってもらっているが
観念の偏りはまだまだあるだろうな。。

「女性と仕事」この観念たちからも
徐々に解放され

ジャッジのない本当に
ありのままの世界で

「本当に私のしたいこと」を
自由自在にできるようになりたい。

********

・弱さを見せてはいけない
・仕事で弱音を吐いてはいけない

・時間を守らなければいけない!
・時間を守ることは良い
・時間を破ることは悪い
・時間を守らない自分が許せない!

・仕事ができて一人前
・社会で働けないことは
 人として価値がない

********
すべての答えは、自分の中に眠っている
「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース


【2009/03/29 17:39】 |  観念リストノート | コメント(0) | page top↑
2-4 女性性の自己否定
このリストは少ないな。。(^▽^;)

反応するのは

・女は男の性欲の道具だ
・子どもを産めない女は役立たずだ
・母性のない女は女じゃない

これはどうも
男性とお付き合いを始めた頃

「セックスがしたくない」と
言いたいのに言えなかったことが
僕の心にしこりとなって
残ってる気がしてきた。。

「セックスがしたくない」と言ったら
相手の男性に嫌な思いをさせる
 ↓
「相手の男性に嫌われるのが嫌だ」
 ↓
「人に「嫌」と言えない」
 ↓
う~ん。。どうしてだろうねぇ。。(^▽^;)

ここも追々芋掘りしようかねぇ。。
とりあえず浄化だ^^

**********

・男の性の奴隷であることは悪い
・自分の意思を言えることは良い
・男の言いなりの自分が許せない!
・男の性の奴隷になるべきではない

・子どもを産めないことは悪いことだ
・子どもがいることは良いことだ
・子どものいない自分が許せない!
・子どもは作るべきだ

・母性のない女は悪い
・母性のある女は良い
・母性のない自分が許せない
・女なら母性を持っているべきだ

********
すべての答えは、自分の中に眠っている
「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース


【2009/03/23 10:26】 |  観念リストノート | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。